線路わきに住み着いた犬を保護!最大限に騒いだあげく最後は安眠

線路わきに住み着いた犬を保護!最大限に騒いだあげく最後は安眠

線路脇に捨てられた子犬はつかまった恐怖から声を張り上げましたが、疲れきっていたため、安心した途端に人の腕の中で眠ってしまいました。

お気に入り登録

捨てられた子犬の叫び

通報・発見

捨てられて線路わきに住みついた犬の保護依頼で、ロスアンジェルスの保護団体Hope for Paws が現場に到着しました。

後ろからそっと近づいて…と言うのですが、もう気づかれてますよね?頭に触れているようですし。

保護

ゆっくり、ゆっくり、ワイヤリードの輪を首にかけていきます。暑い日で犬はぐったり、気温が下がるのを待っている様子。

そのまま首の輪を締めて、つかまえることができてしまいました。

「あっさりできちゃった、意外~」というのは、つかまえた本人も思っているみたい。笑ってしまいます。

簡単につかまったのに近づいたらおこって唸り、ガウガウッとつっかかるの?まだ子犬のようですが、怖い目にあったり孤独に耐えたりと、心が固くなっているのでしょう。

布リードをかけようとする間もずっとグルルルと唸り、少し触るとキャンキャン!と叫ぶ子犬。

かと思えば「アンニャー」みたいな、猫とも電子音ともつかない声を出して抗議。犬が出せるあらゆる音のデパートを披露してくれます!

…そして一通り抵抗したら「もういいか」って思ったみたい。背中をなでられて、おとなしく布リードを受け入れてくれました。

そして、女性の腕の中で眠ってしまいました。小さな体で、暑さの中ずっと緊張し続けて疲れ切っていたのです。

ケア

病院で体を洗います。

それから

体を洗って乾いたら、真っ白な「フィン」が現れました!

ちょうど病院に来ていた「ウディ」と仲良くなって、白とベージュの2匹が並ぶとなんともかわいらしい。ウディのつらい経験も以前にご紹介しました。下のリンクから見ていただけますよ。

そして急展開!フィンは、早速里親さんの元へ。

ここでガラッと雰囲気が変わったかっこいいBGMは、The Heavyという英国のバンドで、曲名は「How You Like Me Now?(今のボクはどうだい?)」。

今のフィンは調子いいよ!目覚めたフルスロットル!

動画を見ることは保護活動支援につながります。

ウディのつらい過去と保護のおはなしは、こちら。

関連記事
飼い主が亡くなって放り出された小型犬は床下で1年待ち続けていた
飼い主が亡くなって放り出された小型犬は床下で1年待ち続けていた

飼い主が亡くなり、住んでいた家は親族が売却処分しましたが、そこにいた飼い犬は放り出されてしまいました。親切な近所の人々が世話をして、1年間飼い主を待ち続けていた犬の事例は、すべての犬の飼い主へのメッセージです。

  • コラム
  • 里親・保護犬

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。