咬傷犬をレスキュー!『人間は敵じゃない』3ヵ月が経過した現在の姿に涙

咬傷犬をレスキュー!『人間は敵じゃない』3ヵ月が経過した現在の姿に涙

保護団体『ピースワンコ・ジャパン』に保護された1頭の咬傷犬。一度でも人を噛んでしまうとレッテルを貼られ殺処分対象となってしまう命…明るく輝き始めた現在の姿に思わず涙が溢れます。

お気に入り登録

『ゆっくりでいいよ』トラウマを抱える咬傷犬を保護!

保護活動を行う『ピースワンコ・ジャパン』は、愛護センターから1頭の咬傷犬を保護…。

『大丈夫だよ、人間は敵じゃない』…多くの愛とバトンによって輝きを取り戻した『ノーマン』の物語です。

激しく唸る噛む!咬傷犬だった1頭の保護犬

2021年4月、動物愛護センターに訪れた安倍誠リーダー。その日出会ったのは、オリの中から激しく威嚇する1頭のわんこでした。

『大丈夫だよ。怖くない。』そう優しく声を掛け続けますが、ケージに移動させるだけで一苦労。ただ手を近づけるだけで牙を剥き、噛み付いてくるほど人間をひどく警戒していました。

『愛情を注げば必ず変わる』そう信じて

『施設に連れて帰って愛情込めれば、大丈夫だと思います』そう信じていると語った安倍さん。

人間に対し心を閉ざし、恐怖と孤独に飲み込まれている状態だった1頭の咬傷犬は『ノーマン』という名前を贈られ、新たな未来へと歩み始めました。

咬傷犬というレッテルと奪われていく命

『人を1回噛んだだけでもうレッテルを貼られて全国的に殺処分になっているんです、噛み犬は。ただそういう犬も扱い方次第でガラッと変わって…本当に愛情を込めて人間は敵じゃないと、味方だと、仲間だと。』

安倍さんは何よりもそう感じてもらうことが重要であると語られています。

そして保護から3ヵ月…。

スタッフの『待つ愛』で変化を遂げた姿に涙

ピースワンコジャパン 仙養シェルター検疫犬舎チーフは、ノーマンが犬舎に来た当時『久しぶりにとんでもない子が来たな!という荒れ様で、慣れるの時間かかるかなと感じました』と語ります。

『ゆっくりでいいよ』と待つ姿勢を大切に愛情を注ぎ続けた結果、ノーマンは素敵な笑顔さえ見せてくれるように!

幸せな未来を掴むために

現在でも完全に人間への警戒が解けたわけではないと感じることもあるといい、少しずつ少しずつトラウマを忘れられるまでケアを続けていきたいと語られています。

ノーマンの無邪気に甘える姿には思わず涙が溢れそうに…。

ノーマンが心を開いてくれる日を信じ続けたスタッフさん、そして再び人間と向き合うことを決意してくれたノーマンの姿をぜひ動画でご覧になってください!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:ピースワンコテレビ PeaceWankoTV

ピースワンコ・ジャパン

▼ 公式サイトはこちら
https://peace-wanko.jp

▼ YouTubeチャンネル
ピースワンコテレビ PeaceWankoTV

▼ ワンだふるサポータ(保護犬を守る)
ワンだふるサポータ(保護犬を守る)

▼ インスタグラム
ピースワンコ・ジャパンInstagram
はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。