路上で彷徨っていた小型犬を保護!妊娠が判明し緊急帝王切開をすることに!

路上で彷徨っていた小型犬を保護!妊娠が判明し緊急帝王切開をすることに!

南オーストラリアのある街で、路上をさまよう小型犬が保護されました。見るからに汚れ切ったその犬は妊娠中でした。緊急帝王切開で救われた犬の親子のお話をご紹介します。

お気に入り登録

路上をさまよう小型犬は妊娠していた

母子を救う緊急帝王切開

路上を彷徨っていた小型犬がRSPCA南オーストラリアの施設へと運ばれてきました。

この子の名前は 「プライムローズ」、 2歳くらいのマルチーズです。

プライムローズはネグレクトの末に路上に放置されたのでしょうか、皮毛は汚れてゴワゴワに固まり、とても怯えていました。

そして妊娠していました。

プライムローズの分娩が始まった時、獣医チームは胎児が大きすぎることに気がつきました。

母子を助けるためには緊急の帝王切開が必要です。

羊膜に包まれたままの子犬が次々に取り出されていきます。小さなプライムローズのお腹の中に収まっていたとは思えないくらい大きいですね。

子犬はすぐさまタオルで体を拭いてもらいますが、動いていません。助かるのでしょうか…

「がんばれ、がんばれ」 と言いながら体を拭いている女性が子犬の口をフッと吸うと…動きました!!

産声をあげているように見えます。

こうしてRSPCA南オーストラリアの獣医チームはプライムローズ、そして6匹の子犬の命を救ったのです。

プライムローズ、よくがんばりました!

まとめ

保護された当時の状況から、プライムローズはずっと辛い日々を過ごしてきたと思われます。そして保護されていなければ、難産を無事に乗り越えることはできなかったでしょう。

プライムローズと子犬たちの幸せな未来を願うと共に、助けてくださったRSPCAのみなさんに感謝です。

プライムローズと子犬の様子はこちらから。(手術中の映像が含まれますので苦手な方はご注意ください)

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:RSPCA SA

RSPCA South Australia

▼ 公式サイトはこちら
https://www.rspcasa.org.au/

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。