真っ直ぐ歩けないほど痩せた犬を保護!その回復の軌跡

真っ直ぐ歩けないほど痩せた犬を保護!その回復の軌跡

どのくらいの期間空腹に耐えて過ごしてきたのでしょう。保護された野良犬は、体中の骨が透けて見えるのではないかと思うくらいに痩せていました。回復の軌跡をご紹介します。

お気に入り登録

痩せすぎて真っ直ぐ歩けない野良犬を保護

保護された野良犬

オーストラリアのRSPCA (英国王立動物虐待防止協会) クィーンズランドで1匹の野良犬が保護されました。体中の骨が浮くほど痩せています。

主任獣医のアンさんは 「保護されてきたときは、本当にひどい状態でした。最初に診察した50年の経験を持つ獣医がこんなに痩せた犬は見たことがないと言ったほどです」 と語っています。

さらには、痩せすぎていて真っ直ぐ歩くことさえできませんでした。

この子の名前は 「サンダー」 、とても人懐っこい性格で食べるのが大好きです。

お腹いっぱい食べて早く良くなってね。

一時預かりの里親宅での療養

サンダーの一時的な里親は獣医のアンさんです!アンさん宅では「ヒルズ・サイエンスダイエット」 の食事療法を受けました。

食べることが大好きなサンダーの体重はすぐに10kg以上増えました。

永遠のお家

そして今日は、RSPCAの施設でいよいよ里親募集に参加します!

インスペクターのジェイミーさんは、人懐っこくてお利口さんなサンダーに永遠のお家が見つかると信じて、とてもワクワクしているそうですよ。

そして、RSPCAのコールセンターで働くレイさんがサンダーの里親さんに決まりました!

レイさんの家族は愛犬を亡くして悲しみに暮れていましたが、サンダーを迎えることになり元気をもらうことができたと喜んでいます。

エネルギッシュなサンダーが運動不足にならないように長い散歩は欠かせませんが、サンダーはソファでゴロゴロするのも大好きだそうですよ!

まとめ

「ガイコツに毛布をかけたような感じ」と形容されるほど痩せていたサンダー。手厚いケアのおかげで、体重も増え見違えるほど元気になりました。

とても辛い思いをしてきたサンダーですが、これからはもうお腹が空くこともなく愛情をたっぷりと受けて生活できますね。頑張った分いっぱい幸せになってください。

保護当時のサンダーと現在の元気な姿はこちら。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:RSPCA Queensland

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。