米国省庁から営業許可取得済みの子犬工場を調査!その実態とは…

米国省庁から営業許可取得済みの子犬工場を調査!その実態とは…

動物愛護団体が、米国の3州で子犬の繁殖施設運営許可を取得している子犬工場の実態を暴きました。そこで見たのは、不衛生、不健全な環境に監禁され、抑うつ状態にある犬たちの姿でした。

お気に入り登録

ライセンスは実情を反映していないかも

複数の子犬工場で

ペットショップやネット上で売られる子犬たちは、子犬工場で生産され、ショップが仕入れたり子犬工場が直接顧客に販売したりしています。

子犬の売主は、生産元が国の定める基準をクリアした「健全な」子犬工場であることを強調します。でもそれは本当でしょうか?

動物愛護団体The Humane Society of the United Statesがライセンスを取得した複数の子犬工場を現場で調べました。

ペットショップ店員が見込み客にマニュアル通りに説明します。

店員:このように、当店は米国農務省やアメリカンケンネルクラブのガイドラインにのっとって適切な環境(ハッピー・ホーム)で生育した子犬を扱っております。

ハッピー・ホームねえ…これが?

ハッピー・ホーム…。

これらはみな、農務省のお墨付き(ライセンス)を得た子犬工場です。愛護団体が記録した内情は、ライセンスの取得条件に反するものばかりでした。ライセンスは名ばかりだったのです。

狭く不衛生なケージに隔離された犬が、1カ所をグルグルとまわり続ける「ケージ・クレイジー(オリの中の監禁による不安定な精神状態)」も見られました。

ブリーダーを見極める難しさ

ペットショップで売られる子犬たちの身元は本当のところわかりませんが、手軽に子犬を買ってよいのでしょうか?

もちろん、健全にショップがたくさんいることは分かってます。

でも、たまたま通りかかったペットショップで見かけて「かわいいから買っちゃった」でよいのでしょうか。その子が、その子のきょうだいが、その子の両親がどんな環境にあったのか知らなくてよいですか?

その欲望が、不幸な犬たちを生みだす可能性はあります。

どうしても特定の犬種でなければならないなら、自分の足でブリーダーを訪ね、自分の目で確かめる意気込みは大切かもしれません。

でも、犬を飼いたくなったら思い出して。犬たちは保護シェルターでもあなたを待っています。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画の制作・配信をしている団体より許可を得て掲載しております。
 動画制作者:Humane Society of the United States
 掲載YouTubeチャンネル:The Humane Society of the United States

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。