よりどころなく怯えていた大型犬。保護されて人懐こい性格が見えてきました

よりどころなく怯えていた大型犬。保護されて人懐こい性格が見えてきました

水路わきでぽつんと横たわっていた大型犬は警戒心と空腹の間で揺れていましたが、時間をかけて保護することができました。治療が必要な病気が見つかりましたが、人を信頼した犬はリラックスして人懐こさが全開に。

お気に入り登録

夜までかかった保護活動

通報・発見

大型犬がコンクリートで固めた水路の周りに居つき、犬に危害を加える人もいるとの緊急連絡を受けて、ロスアンジェルスの保護団体Hope for Paws がかけつけました。

通報通り犬がいます。最初は寝ていましたが、近づくと警戒して吠え逃げてしまいそう。足の間に尻尾がキュッとはさまって、こわがっているのがわかります。

このような広い場所での保護は走って追いかけるのが難しい。ケージトラップを持ち出すのかな?

食べものを投げ与えると急いで拾って食べました。空腹なのは都合がいいのです。満腹だと反応悪い子もいますからね。

素手で食べ物を差し出すと、犬はめちゃくちゃ警戒しながらもにじり寄ってきます。攻撃的な様子はありません。人間の反応を見ながら、おずおずと近づく犬。そしてやっぱり、恐怖心から飛びのいて吠えちゃう。

「だめ!いい子だね。ほら、おいで」と根気よく声をかけ続けますが…。

一進一退で夜のとばりが降りてしまいました。女性メンバーも合流します。犬は男性により警戒する場合もあるので、女性にバトンタッチ。

そして出ました、ケージトラップです。地面にまいた食べ物のかけらを追って、犬は恐る恐るケージに入り…。

ガシャーン!ケージの奥にしかけられた板を犬が踏むと、連動したフタが落ちました。驚いて「キャワーンッ」と鳴き飛び上がる犬。

いったんつかまった後は、あきらめたのか大人しくなり、ケージ越しに食べ物も受け取ってくれました。よかった。「ロータス」と名づけ、さっそく病院に運びます。

ケア

病院でも大人しくしており、すぐにケージから出てきます。すっかり信用してくれたようです。かわいいお顔で、シャワーもガマン強くこなしました。

でも血液検査で、ロータスは「血小板減少症」という病気が見つかったのです。出血が止まらないというような症状が現れる病気で、治療しなければ命にかかわります。ここで発見できたのは幸いでした。

かわいい

シャワーを終えてタオルドライ後のロータスは、だんだんとうれしさがこみあげてきたようです。保護団体のリーダーといちゃいちゃしだしました。本来の人懐こさが出てくるまでになってきたんですね。

協力関係にある一時預かり施設が、病気の治療をしながら暮らせる場所を提供してくれました。ここでもうれしそうに甘えています。

大型犬もやっぱりかわいいなあ。そして緊張して吠えていたあの姿からの変わりように、またしても驚かされる動画です。ご覧ください。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。