後ろ足を怪我した犬を保護!功労者は一人の少年でした

後ろ足を怪我した犬を保護!功労者は一人の少年でした

後足にケガをした犬は警戒して走り去り、なついていた少年たちの元に向かいました。少年とその家族に囲まれて、犬はすっかり警戒心を解き、新しい暮らしへ一歩を踏み出しました。

お気に入り登録

信頼する人がそばにいる心強さ

通報・発見

道ばたにケガをした犬がいるとの通報を受けて、ロスアンジェルスの保護団体Hope for Pawsが現場にかけつけました。

早速、車の下に寝そべっている犬を発見。2メートルほどの距離を取って食べ物を与えてみると、犬はよろけるように前進し、拾って食べました。

そして警戒しながらも、手から直接食べ物を受け取りました。よろけるのは後足をケガしているからです。

食べものを少しは受け取ったのですが、なかなか警戒心が解けません。油断をすると離れて行ってしまいそう…。

あぁ、やっぱりね。どんどん離れて行ってしまいます。

ケガであまり走れはしない犬を刺激しないように、後をついて歩いたのですが、追われるのをいやがった犬は、スピードを上げて去っていってしまいました。さあ、どうする。

少年と犬

歩道をどんどん小走りする犬を車でゆっくり追って行きました。すると、思わぬ展開を目にします。あんなに警戒していた犬が、尻尾を振って歩道に立っていた少年に飛びついたのです!

この少年の家族が、1週間ほど犬に食べ物を与えていて、この人たちだけにはなついていたのです。

そこで今回の保護は、この少年の手に託すことに。彼の家の庭に犬を誘い込んで、そこでつかまえてもらいます。少年に布リードを渡しました。さて、うまく行くでしょうか。

ほら、少年のそばではすでに普通の飼い犬のような態度。2人の子供にはさまれて、すっかりリラックスしています!あ、もう1人いた、3人です!3人目の子にも、犬はちゃんとあいさつに行きました。

ほら!何てことはない。犬がまた後足で立ち上がって少年に甘えたところで、少年はさっとリードをとりつけました。犬も全然いやがりません。この子たちがいる場では、保護団体メンバーに対しても警戒を解いてくれたのです。

「本当にありがとう!助かりました!」とお礼を言って犬の保護完了です。子供たちは犬を「レズリー」と呼んでいたというので、そのままレズリーになりました。

レズリーは何と、ケージにも自分からすんなり入って布団の上に伏せたのです。何か心のわだかまりがすっかり溶けてなくなったような感じです。

こんなに気心がしれた家族の元で暮らせたら素敵ですが、彼らには飼えない事情がある様子。それは仕方ないことです。これから素敵な家族を見つけようね、レズリー。

ケア

親切な家族から離れて病院に到着後も、レズリーはそこそこ落ち着いています。シャワーもがんばって耐えています。信頼してくれた証拠ですね。こらえている気持ちが壁にかけた前足に表れています。

レズリーは左後足に古い骨折を抱えていることがわかりました。複数回の手術をほどこして、後足の状態は格段によくなったようです。

手術後のレズリー。ケージを開けて様子を見ると、尻尾をパタパタ振ってくれました。人懐こい性格がどんどん出てきてます!

それから

その手術から1年後、レズリーはついに家族を見つけました!すっかり元気になったレズリー、なんと港で飼い主さんのこぐカヌーに乗って登場します。

落ち着いて飼い主さんに寄り添ってカヌーの真ん中に座っています。砂浜を歩く姿はスムーズ!後足もすっかり回復してよかったね。

人の善意のリレーで幸せをつかんだレズリーの動画をご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。