何て日だ!1匹の保護の予定が2匹目、さらに3匹目も登場!

何て日だ!1匹の保護の予定が2匹目、さらに3匹目も登場!

小さな1匹の犬の保護依頼で出動した保護団体、成り行きで2匹目も保護して一緒に病院に連れていきますが、その途上にもさらにもう1匹、保護対象を見つけたのでした。同日に次々3匹を保護!

お気に入り登録

1匹、2匹そして3匹目も保護!

通報・発見

工業地域で発見された犬の保護依頼を受け、ロスアンジェルスの保護団体Hope for Pawsが現場に向かいました。

女性が食べ物のかけらを投げ与えると、小さな黒犬がおずおずと車の下から出てきますが、逃げ腰です。そして、やはり逃げてしまいましたね。車道でなく、歩道に逃げて行ったのは幸いでした。

少しして、犬は駐車場内に入り込んだ様子。犬を刺激しないように、静かに素早くプラスチックフェンスで囲っていきました。

車の下にいるはずです。探してみると…いた。赤い軽トラックのした。かなり警戒しています。でも暑そう…。

何を思ったのか、犬は車の下からトボトボと出てきました。まるで「暑くてやってられない。どうとでもなれ。」とでも言っているよう。

少し驚かせてしまいましたが、無事につかまえることができました。

ヒーヒー!ヒャンヒャン!と声を上げて暴れますよ。

「大丈夫、落ち着いて!」と声をかけ、跳ね上がった拍子にそのままリーダーのひざの上に抱えてしまいました。

「シュリンプ」と名付けた犬は、抱きかかえられて状況を理解したみたい。おとなしくなりました。

2匹目

これで終わりじゃなかった。シュリンプを追いかけている間に、もう1匹、道路を走る犬を目撃したのです。もし路上暮らしなら、その子も一緒に保護しないと。というわけです。

で、この子も黒犬なのですが、すでに町に住む人の腕の中。聞けば、ホームレスの人だそうですが、この子に食べ物を分け与えていたそうです。話してみると、やっぱり保護してもらった方が犬のため、と理解してくれて、快く犬を引き渡してくれました。今までありがとう。

話しを聞けば、この子「キャビア」にはもう1匹きょうだいがいたのですが、ほんの数日前に車にひかれて命を落としてしまったのです。ごめん、間に合わなくて。キャビアは保護できてよかったです…。

後部座席では、先ほどのシュリンプが女性のひざの上でくつろいだ様子です。

でもこれで終わりじゃなかった!

3匹目

急に映り込んだ大きな白犬。なんとこの子も、病院へ車を走らせる途中で発見して保護したんですって!

同じ日の同じ保護活動中に、別々に保護された3匹が大集合。みんなおとなしいけれど、まだよそよそしい雰囲気ですね!すべてが急展開で、犬たちみんな困惑中です。

それから

病院でしかるべき処置をした後、シュリンプとキャビアは一緒に同じ一時預かり施設で暮らし始めました。他の仲間にも受け入れられて、楽しそうです!

その仲間の中には、懐かしい!「フォックス」の姿が。みんな、保護される時のオドオドした姿から見違えりますねえ。

でも、あれ?白犬のデルフィーナは?彼女の保護のお話はまだ別の機会に。だそうです。

動画を見ることは保護支援につながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。