ダニ駆除剤を散布された子犬。体がマヒしてましたが徐々に快方へ!

ダニ駆除剤を散布された子犬。体がマヒしてましたが徐々に快方へ!

大型の家畜用のダニ駆除剤を散布された子犬は、薬剤によりマヒの症状が現れていました。緊急に病院で診察し、薬剤を洗い落とすなど処置をしましたが、子犬は再び立てるようになるでしょうか。

お気に入り登録

用法・用量を守らなかった結果

立ち上がれない子犬

この子は、小さな体に牛や羊用の強力なダニ駆除剤を散布されたため、体が部分的にマヒしてしまいました。地面をはうように前進しています。どうやら直射日光を避けて日陰に移動しようとしているようですが、痛々しい姿です。

病院へ

保護施設タキス・シェルター代表のタキスさんは急いで子犬を病院へつれてきました。医師は薬剤が皮膚から体内に吸収されて体のすみずみに行き渡って全身がマヒしてしまう前に、子犬の体に散布された薬剤を徹底的に洗い流しました。

励まし

まだ毛が半乾きの子犬の回りに、成犬や子犬たちが様子を見にきます。子犬はやはり、自分の体を支えきれずに尻もちをついてしまいます。それでもみんながまわりにいてくれるのがうれしくて尻尾を振っています。

仲間たちは立てない子犬を励ますようにまわりで跳ね回ってみせます。特に黒い犬が一生懸命誘います。それを見ていた子犬は…

あ、立った!子犬が立った!そして一歩、また一歩、歩く!タキスさんも「カモン!イエス、イエス!」と励まします。

タキスさんはつい怒りが噴き出して、「アホな奴らがこの子に間違った薬を適当に使ったおかげでこんなことに!ああ、悪い言葉づかいで失礼!」

子犬の歩行はとても頼りなげですが、それでも見守る犬たちの間を確実に前進します。でもやはり、また床にはいつくばってしまいました。よく頑張ったよ!

翌日までに全身を4回洗って薬剤を流しました。子犬の歩行は最初に比べるとだいぶマシになっています。

医師いわく、あと1日か2日発見が遅れたら命を落とすか全身マヒだったとのことです。

少しずつ体調がよくなった子犬「テディ」は、他の子犬たちとくんずほぐれつ遊ぶようにもなりました。声を上げたり、飛び跳ねたり、他の子に組みしかれてひっくり返されたり、一見、健康そのものにも見えるほど。

このまま本当に健康を取り戻してくれますように。

その後

最後にハッピーニュース!

え、ロンドン!?テディは、イギリスの里親さんに巡り合ったのですね!そして少し成長したテディの両耳はピンと立っています。かわええ~!よかった~。最後にテディの美声も披露されますよ。動画をどうぞ。

動画を見ることは保護支援にもつながります!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Takis Shelter

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。