犬は生きていた!大噴火で火山灰に生き埋めになって2週間、驚異の生還劇

犬は生きていた!大噴火で火山灰に生き埋めになって2週間、驚異の生還劇

2020年1月。フィリピンで発生した火山の大噴火で多くの動物たちが被害にあう中、1匹の犬が噴火の半月後に灰の中から救出されました。驚異的な生命力です。

お気に入り登録

生きてる!

灰に埋もれて半月、耐えた

男性が木の板を分厚くおおった灰のようなものをかきわけた後、斧と手で板をはがしています。その下に何かいる…。

犬です!灰まみれで動けませんが、目は確かに男性を見上げています!

フィリピンのルソン島で2020年1月にタール火山が噴火し、大量の火山が降り注ぎました。再噴火の危険もある中、人々は取り残された犬などの動物たちを可能な限り救助したり避難させたりしました。

関連記事
火山が噴火!林の中に取り残された犬をレスキュー!
火山が噴火!林の中に取り残された犬をレスキュー!

2020年1月にフィリピンのタール火山が噴火。水も食料もない林の中で動けなくなっていた犬を救助しました。犬の安心しきった様子が嬉しい動画です。

  • コラム
  • 里親・保護犬

この時、すでに噴火後15日が経過していたのです。噴火に驚いてもぐったベランダの下にまで火山灰は容赦なく降り積もり、この子は徐々に埋もれていったのでしょうか。それとも何かの板がこの子の上に倒れてきて、下敷きになったのでしょうか。

とにかく、この子は15日もの間、火山灰に生き埋めになっていたのです。そして、生きていたのです!

新鮮な空気に触れ、少しだけ動けるスペースができて、犬はもがき始めました。

犬が自力ではい出るには高さが足りません。男性は左側に開いた開口部から犬の後足をつかんで引き出します。

やっと外に出られた犬は自分の足でしっかり立って歩き、水をもらいました。これには驚かされます。半月ぶりの水分…ペロン、ペロン、と音を立てて飲みまくります。当然だ。

水なしで…

人間は水なしで1週間もたないと言われます。犬が乾燥に耐えて2週間以上生きのび、しかもまだ動ける状態で救助されたのは、驚くべきことですね。どんなに苦しかったか…。

もしかしたら、ある時点から発見されるまで仮死状態で生きのびたのでは?などと想像してしまう、驚異の救出劇をご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:ViralHog

Viral Hog

▼ ViralHogYouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/c/Viralhog

▼ ViralHogRumble
https://rumble.com/user/ViralHog

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。