ひどい皮膚病に侵されボロボロに。生きる気力をなくしたハスキー犬に希望の光が!

ひどい皮膚病に侵されボロボロに。生きる気力をなくしたハスキー犬に希望の光が!

全身ひどい皮膚病に侵されたハスキー犬が保護されました。痩せこけたその犬は、まるで生きることをあきらめたかのようでした。保護から幸せな現在に至るまでのお話をご紹介します。

お気に入り登録

玄関先で震える迷い犬

通報

RSPCA 南オーストラリアに一本の通報が入りました。

通報者によると「玄関先に犬が迷い込んでいるのですが、怪我をしているのか毛がほとんど抜け落ちています。見るからに痛そうです。ひどく震えていて、このままだと死んでしまうかもしれませんので助けてあげて下さい。」とのことでした。

RSPCAのレスキュー担当者がすぐに迎えに行き、獣医の診察を受けました。

ひどい皮膚病

通報してくれた方が怪我だと思っていたのは、実はひどい皮膚病だったのです。

首も...

背中も...

皮膚病の悪化で全身に血が滲んでいます。

獣看護師のミミさんは、ガリガリに痩せて皮膚病でボロボロになった体を横たえるだけのハスキー犬を見て、「まるで生きるのをあきらめたかのように見えた。」と語っています。

ミミさんは犬舎を確認するたびに、この衰えたハスキー犬が助からず、もうそこにいないのではないかと心配でたまりませんでした。

そしてミミさんは家に連れ帰って24時間面倒を見ることに。

もう大丈夫!

ミミさんの献身的なお世話とリハビリの効果があってこんなに元気になりました!

そしてハスキー犬は「ヒーロー」と名付けられました。

さらにもう1ヶ月、里親さん募集に参加できるようになるまで一時的な里親さん宅に預けられました。

ヒーローは自信を取り戻し誇らしげなお顔!

永遠のお家が決まる

すっかり回復したヒーローは里親さん募集に参加できるまでに!

そしてついに永遠のお家が決まりました!

同じハスキー犬の「シャドウ」もいます。

人間の兄弟もできました!

まとめ

生きることをあきらめかけたヒーローに光を与えたみなさんに感謝です!幸せなセカンドライフを過ごせることでしょう。

ヒーローの回復の軌跡をぜひ動画でご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:RSPCA South Australia

RSPCA South Australia

▼ 公式サイトはこちら
https://www.rspcasa.org.au/

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。