竜巻で家屋が全壊。瓦礫の中に40時間取り残された犬を元気な状態で保護!

竜巻で家屋が全壊。瓦礫の中に40時間取り残された犬を元気な状態で保護!

巨大な竜巻に飲み込まれた家屋が完全に破壊され、住人は命からがら逃げだしました。でも倒壊から40時間、まだ犬が見つかっていませんでした。

お気に入り登録

1匹はすでに救助。でも、もう1匹いる!

発見・救助

米国南部は毎年のように大型のハリケーンやトルネード(竜巻)に襲われ、死傷者や家屋倒壊などの被害が出ています。動画はトルネードで全壊した家屋から犬を救助する様子です。

土曜日から日曜日に日付が変わった深夜に到来したトルネードで、この家は完全に破壊されました。壁も柱も家具も何もかも、地面に押しつぶされてしまいました。

自宅にいた人が命からがら避難した後、日曜日の日中には飼い犬のラブラドール・レトリーバーが壁のすき間の空間で鼻を鳴らしていたところを救助されました。

でも、飼い犬はもう1匹いるのです。最初の救助隊は見つけることができませんでした。そして翌日の月曜日に来た救助隊が、ついに奇跡的に小さなすき間で生きているミニチュア・ピンシャーの「ルーシー」を発見!

犬の悲鳴が響き、周りで人びとが声をかけ合う中、このジーンズの男性は瓦礫の中に上半身を突っ込んで、腕を伸ばしています。

犬の悲鳴が規則的なキャン、キャン!から、変則的なキャーァアィィィ!に変わった!何かにはさまって激痛なのか!?

ジーンズの男性が出てきました。その両手には?

かろうじて見えますか?黒と茶色のルーシーが抱かれています!

男性の肩の上に伸びあがってきたルーシー。瓦礫の下で40時間、まだ元気そうです!

困難の中で団結

応援していた周囲の人たちから歓声と笑い声が上がりました。救助した男性の顔は泥で汚れていますが、満足げです。

こんな状況でも協力して取り残された犬を救助する人々がいることに感謝ですね。どうか被害にくじけずに犬たちとの日常を取り戻してください!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:ViralHog

Viral Hog

▼ ViralHogYouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/c/Viralhog

▼ ViralHogRumble
https://rumble.com/user/ViralHog

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。