車に接触したピットブルの保護。穏やかな性格で、犬種アンバサダーに!?

車に接触したピットブルの保護。穏やかな性格で、犬種アンバサダーに!?

走行中の車に接触し、全身打撲を負った犬の保護。性格は愛らしく穏やか。ピットブルの評判を高めるために、訓練学校にも通います。

お気に入り登録

どこまでも穏やかで愛らしいピットブル

通報・発見

走行する車にぶつかった犬の保護依頼を受けて、ロスアンジェルスの保護団体HOPE FOR PAWS が緊急出動しました。連絡をくれた女性はその瞬間を目撃し、団体が到着するまで犬のそばにいてくれました。このような個人のやさしさは、私たちを励ましてくれますね。

さっそく縁石に座っている女性を見つけてあいさつ。彼女の脇に駐車した車の下に、その犬が横たわっていました。

後足を不自然に持ち上げて、少し震えています。

保護

ワイヤリードをのばして、犬の首に輪を通そうと試みます。声をかけ、リードで体を触って危険ではないことを伝えるようにします。

道路を走る車の騒音に混ざって、犬の小さなうなり声も聞こえます。そりゃもちろん、こわいですよね。車にはねられて、ケガをして、つかまえられるなんて。

ケガのせいか、もともと大人しいためか、犬は逃げずに、ワイヤリードを首にかけることができました。念のため、もう1本リードをかけます。犬はモゾモゾしますが、リードを受け入れました。

どこをケガしているか、痛みがあるかわかりませんが、まずは外に出てもらわなければなりません。かわいそうですが、引っ張り出して歩道に誘導します。悲鳴もあげずに歩道にあがってくれました。

困惑していますが、とても大人しい。素手であいさつできましたが、やはりちょっとうなってしまいます。

タオルで体をなでて、接触に慣れてもらうことにします。前足を交互に少し浮かせるのは、痛みのせいか、不安な気持ちの表れでしょうか。

きっと両方なのでしょう。犬と人、両方の安全のために、ケージで運ぶことにしました。

入るのはイヤイヤしましたが、引っ張って入ってもらいました。こわいよねえ、ごめんね。と、「ジェゼベル」の頭を指でなでなで。

そして病院に向かいます。

ケア

病院でレントゲン写真を撮影すると、幸い骨折はありませんでしたが、体じゅうに打撲を負っていました。

鎮痛剤が効いてくると、ジェゼベルはどんどん明るい表情を見せ始めます。

そして保護団体のリーダーに寄りそう…。

こう言っているのかな?「ありがとう。」

ピットブルをよりよく理解してもらうために

打撲が治れば健康体だったジェゼベルは、性格も見ての通り穏やかで愛らしい。

これを見て、保護団体は、何かと必要以上に恐れられ、嫌われるピットブルが、実は家庭犬として優れていることを見せるために、訓練学校でさらにジェゼベルの行動を磨くことにしました。いわば犬種アンバサダーになってもらうのですね!

「ステイ」中の犬たち、真ん中がジェゼベルですね。

それから

訓練を終えたジェゼベルは、早速、里親さんに巡り合いました。ピットブルのアンバサダーとして、「愛情と適切な訓練を受けたピットブルは最高の家庭犬である」ことを証明し、広めてくれるでしょう!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。