捨てられて、オドオド孤独に生きていた犬を保護。もう離さないで!

捨てられて、オドオド孤独に生きていた犬を保護。もう離さないで!

食べ物をもらいながら孤独に生きていた犬は、忍耐強く待つ保護団体のメンバーを前に、人に対するおそれを徐々に克服していきました。

お気に入り登録

近づいても、いいのかなあ。

通報・発見

草野球場に捨てられた犬の保護依頼を受け、ロスアンジェルスの保護団体J.J. Woofin' Paws Rescue Agencyが向かいました。近くの会社の駐車場で数週間、従業員が水や食べ物を与えていたそうですが、おびえて人を寄せ付けなかったのです。

気温が37℃を超える酷暑が続き、その犬は車の下の日陰を求めて駐車場に現れるようになったようです。

保護団体が駆け付けた時は、犬は茂みの日陰にいましたが、人が近づくのを見て、そそくさと草野球場の中に逃げて行きました。

犬はどこかに隠れてしまって、全く見当たりません。食べ物でおびき寄せようとしても出てきません。

車で野球場の周囲を何度かゆっくり回ってから駐車場に戻ってみると、犬は再びそこにいました。

接近

フェンスの向こう側で様子をうかがっています。焦って捕獲しようとせず、犬が安心するまでじっくりと待つことにしました。

あ、ついに、犬がこちらに向かって歩いてきます。どうしようかなあ、というようにためらいつつ、こちらの様子をうかがっています。

そしてついに、尻尾を振りながら寄ってきて、手から直接食べ物を受け取りました!モグモグ…尻尾をブンブン振っています。ですがまだ、フェンス越し。犬に自主的にフェンスのすき間を抜けて、こちら側に来てもらわなければなりません。

そしてついに…。イェーイ!カメラの向きが90度回転していてしかも近すぎますが、リードをつけた犬のアップです。犬は、あぐらをかいて座った人のすぐ目の前に座っているようです。

腕を伸ばして自撮りしているので、見ていると自分が犬に接近しているような臨場感を味わえますよ。やせた犬は、カメラの人に甘えています。やっと安心できたんですね。

それから

もう離さないでね!と訴えるように、犬はカメラの人の胸に跳び込んでいきます。孤独だったんだね。このぬくもりを求めていたんだね。この子を「クレイマー」と名付けました。路上でたった1人、怖かった日々とさよならです。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:J.J. Woofin' Paws Rescue Agency

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。