褥瘡が痛々しい老犬を迎え入れ。今は元気に散歩を楽しんでます♪

褥瘡が痛々しい老犬を迎え入れ。今は元気に散歩を楽しんでます♪

保護センターに雑種の犬が収容されていました。推定年齢10歳前後で、食欲はあるのですが、食べても体重が増えないのと、横になっている時間が長いので、足の付け根に褥瘡ができていました。その治療と健康管理で引き取った犬のお話です。

お気に入り登録

当時の老犬の状況

ある日、ガリガリにやせ細った雑種の犬が保護センターに収容されました。推定年齢10歳前後の様でした。

痩せている割には食欲旺盛で、ご飯を差し出すとあっという間に完食してしまいます。短時間なら歩けるので、まだ寝たきりの状態ではなく足の筋肉が落ちないようになるべく歩かせていました。

青いリードで散歩をしている犬

ところが、やはり横になっている時間の方が長いので足の付け根に褥瘡ができてしまいました。毎日、蒸留水で洗浄して軟膏を塗っていましたが、なかなか改善しませんでした。

できれば、一日数回洗浄した方がいいのですが、収容頭数が多いセンターでは1匹にかける時間は長くはありませんでした。

その老犬を引き取るまで

その当時、我が家には3匹の犬がいました。その老犬の件は聞かされていたのですが、4匹の犬の世話をするのは...なかなか大変です。引き取りたい気持ちはあったのですが、踏み切れずにいました。

ケージの中で正面を向いている犬

でも、一度様子を見に行って痛々しい褥瘡の傷を見た時引き取りを決心しました。我が家の犬としてではなく、ボランティア団体を通して終生の犬として引き取りました。

現在の生活

引き取ってから褥瘡が良くなるまでには、約2ヵ月ほどかかりました。洗浄する時は痛いだろうに、全く抵抗もせず大人しくしていました。

1か月くらいは後ろ足の筋肉が落ちていたので歩くのが多少難しく、散歩や排泄の時は身体にタオルを巻いて足を支えていました。

散歩中の犬

また、1日に数回は歩かせました。そのおかげで、後ろ足の筋肉が少しずつ付いてきて、寝たきりにならず支えもなしに普通に散歩できるまでに回復していったのです。その頃には褥瘡もきれいになり、どこが傷だったのか分からなくなっていました。

我が家へやってきて3年半くらい経ちますが、毎日元気に散歩をして過ごしています。

保護センターの犬を引き取る事

そのほとんどは飼い主が居たであろう犬達です。何らかの原因で迷子になってしまったり、家から抜け出してしまい飼い主のもとには戻れない犬達がたくさんいます。

犬や猫を飼いたいと思った時は安易に実行するのではなく、まずペットを飼える状況なのかとか、育てていくのにどのくらいの費用が必要なのかとか、きちんと考えてから飼育しなくてはいけません。ペットとの暮らしはいろいろな面で楽しく、かけがえのないものですが、家庭の状況をしっかりと考えて飼わないといけないなと感じます。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。