青い目のハスキー『ハイジ』と運命の里親マットさんとの出会い

青い目のハスキー『ハイジ』と運命の里親マットさんとの出会い

ソーシャルメディアで里親さんを募集するも、なかなか永遠のお家が決まらなかったシベリアンハスキー。ついにその子に里親さんが決まったお話をご紹介します。

お気に入り登録

永遠のお家が決まった綺麗な目のシベリアンハスキー!

里親さん募集

その綺麗な青い目をしたシベリアンハスキーの名前は「ハイジ 」。RSPCA ニューサウスウェールズにやってきた経緯は公表されていませんが、2019年にFacebookで里親さん探しが始まりました。

ハイジは壮年期のシベリアンハスキーの女の子。散歩やアウトドア活動の時間を多くとって欲しいので活動的なご家族に向いていること、おうちではバックヤードでの遊びの時間、そして夜にはソファで家族と一緒に寛ぐのが好きなことなどが書かれています。
さらに、新しい人や犬に会うと、とてもはしゃいでしまうがすぐに落ち着くこと、ハイジに会ってみたい場合は、ぜひ先住わんちゃんを含むご家族全員で来てください!と付け加えられています。

たくさんの人たちがハイジに興味を持ってくれましたが、残念なことに永遠のお家が決まるところまではなかなか行きつきませんでした。

里親さんは一目惚れだった

そこへ現れたのが、新しい飼い主のマットさんでした!

マットさんは、ウェブサイトで見たハイジの大きな青い目、突き出した舌を見て一目惚れしたそうです。

マットさんは、シベリアンハスキーについて調べた後、壮年期であるハイジはマットさんのライフスタイルに合っていると思い、RSPCAに電話をかけて、ハイジがまだそこにいるかどうか確認しました。まだ里親募集中でした!

何回か連絡をとるうちに、ついにハイジに会える日が決まりました。

マットさんは期待を膨らませながら、キャンベラからシドニーまで300キロ弱の道のりを夜通し車を走らせました。

マットさんは、ハイジの里親になれると確信していたものの、まだ決定ではないので、一番乗りになるべく早朝4時にシドニーに到着して朝食後すぐに、RSPCAの「クリア・ザ・シェルター・キャンペーン」(譲渡会のようなイベントです)に参加しました。

そして、ハイジと対面することができました!

ケージの外でハイジと触れ合います。

めでたく譲渡成立しました!

ハイジは、マットさんと一緒にキャンベラへと『帰って』いきました。

永遠のお家記念日

マットさんはRSPCAのFacebookに、最近のハイジの写真を送ってくれました。なぜなら、その週の土曜日はハイジを家族に迎えた1周年記念日だったからです!

元気そうで幸せいっぱいですね!

まとめ

ハイジのために、300キロ近く離れたキャンベラからシドニーまでやって来てくれたマットさん。Facebookの写真を見てもハイジが大事にされているのが伝わります。ハイジは幸せいっぱいのセカンドチャンスをつかんだのです。

譲渡会の様子やハイジの様子をぜひ動画でご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:RSPCA NSW

RSPCA NSW

▼ 公式サイトはこちら
https://www.rspcansw.org.au/

▼ 【売上は全額支援金】オリジナルグッズも販売中!
https://rspcastore.com.au/

▼ 里親募集中の動物たちはこちら!
https://www.adoptapet.com.au/
https://www.rspcansw.org.au/adopt/

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。