真夏の車内に放置された2匹の小型犬。発見した人々による救出劇に感動

真夏の車内に放置された2匹の小型犬。発見した人々による救出劇に感動

ショッピングセンターの駐車場でのできごと。窓を閉め切った車の中に、小型犬2匹が残されていました。犬の命が刻々と危険にさらされる中、見物人は驚きの行動に出た!

お気に入り登録

高温になる車内への放置は動物虐待です!

見過ごせない無責任

米国ミシガン州にあるショッピングセンターの駐車場で、1台の車の周りに人だかり。車の中に2匹の小型犬が残されているのを誰かが発見したのです。

その日の気温は32℃以上。このまま放置されたら犬たちの命にかかわります。窓ガラス越しの撮影で中がよく見えませんが、犬が動いているようです。

撮影者:「かわいそうに。大丈夫?」

警備員たちは車の所有者をさがしに行きました。でも待っている間にも、犬たちの命の危険は刻々と高まります。

ついに見物人の中から、窓を割ろうと試みる人が出てきました。この人は小ぶりのナイフを何度も打ち付けますが、そんなものでは割れません。

次の挑戦者が、ゴルフクラブを持ってきてフルスイング!一発で穴が開きました。そしてガラスを小突くと、窓ガラスは粉々に。

男性は手を差し込んでロックを解除し、ドアを開けました。警報音が響きわたる中、警備員が犬を抱き上げました。

1匹め。

そして2匹め。

水を与えると、2匹とも夢中で飲みます。まだぐったりする前でよかったです。

その後

2匹はその後保護シェルターに移送され、さらに里親さんに迎えられたそうです!一方、飼い主は動物虐待で逮捕されました。

日本自動車連盟(JAF)の実験では、外気温35℃の炎天下に車を置いた状態で、エンジン停止後30分で車内温度45℃、3時間後には55℃超を記録したそうです。同様の条件で複数の窓を3㎝ 開けておいても、車内温度は45℃まで上がったそうです。

クーラーをかけっぱなしにしても止まってしまう可能性もあります。絶対に動物を車に放置してはいけません!

買い物などに連れて行く場合は、犬を見ていられる同乗者と一緒か、預かりサービスを受けられることなど前もって予定をしっかり立てましょう。最近は犬の盗難も発生しています。

愛情と責任を持って、どうぞご注意を!そして閉じ込められた動物を見かけたら、状況判断してすぐに通報しましょう。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:ViralHog

Viral Hog

▼ ViralHogYouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/c/Viralhog

▼ ViralHogRumble
https://rumble.com/user/ViralHog

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。