猛暑の中、ゴミのコンテナに捨てられていた子犬を救助。頑張れ!頑張れ!

猛暑の中、ゴミのコンテナに捨てられていた子犬を救助。頑張れ!頑張れ!

スペインで記録的な猛暑となった日に、ゴミのコンテナの中に投げ捨てられていた子犬が、奇跡的に発見されました。おそらく極度の熱中症におちいっていたことでしょう。人びとが子犬の命を救うために奮闘します。

お気に入り登録

意識はあっても動けない

発見・救出

子犬の「ビリー」は、スペインで熱波による記録的な高温の中、ゴミのコンテナの中に捨てられていました。コンテナの内部は熱がこもり、その中でなかば「調理されていた」のです。

ビリーを発見した人は、異常に熱くなっているビリーに水をかけ、同時にその様子を動画に収めつつ、インターネット上で助けを求めました。保護団体LetsAdopt がそれにこたえて、ビリーを引き取り病院へ急行しました。

ケア

意識はありますが動けません。また同時に、下痢や嘔吐を引き起こすパルボウイルス感染も見つかりました。

救急病院から別の病院へ移りました。

足にまったく力が入りません。

様々な検査をします。鼻先をとがったもので軽く突いたり、体を斜めにしてみたり。刺激が伝達されているかどうか、神経系の検査だそうです。

レントゲン撮影もしました。複数の医師や看護師が懸命に、ビリーの命をつなぎとめる方法を探します。その結果…

回復

次第に治療の効果が表れてきました!座っていられるようになったのです。

立った!歩いた!

退院~新しい家族の元へ

ついに退院の日。迎えに来た団体代表を見て、喜びいさんで後足で立ち上がったビリー!

入院中にすでに里親さんが決まるという幸運に恵まれたビリーは、病院から直接、里親さん宅へ運ばれました。

ビリーは会った瞬間からためらいなく、里親さんの腕の中に飛び込みました。

家族になる

小さい子供と、先住のチワワと猫もいる家庭です。彼らと仲良くなれるのか、受け入れてくれるのか、気になりますね。

動画の後半では、家庭でのビリーの様子が報告されています。どうぞお見逃しなく!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Viktor Larkhill (LetsAdopt)

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。