タールの池に犬がはまった!もう動けない犬を必死の救助

タールの池に犬がはまった!もう動けない犬を必死の救助

黒々したタールの池にはまった犬が力なく横たわっています。男性が必死に岸へ引き戻そうとしますが、犬の生還なるか!?

お気に入り登録

タールのものすごい粘着力につかまった

救助の一部始終

タールの池は、恐竜の骨格も保存状態よく出土し、太古の昔から「死の池」と言われています。一度はまったら、自力で脱出するのは困難です。

自然にできたタールの池のほかに、資源採掘などで地下深く掘ったために湧いてくる、人工的にできた池もあります。

どうしてはまってしまったか、すでにだらんと力なくタールの中に寝そべっている犬と、その犬を救助しようと奮闘する男性が撮影されています。

犬の頭もタールまみれで真っ黒。息があるのかもわかりません。左側の横腹だけ、かろうじて薄茶色の体毛が見えています。

男性は、てこの原理で犬の体を引き上げようとしますが、ベトベトのタールは体をがっちりホールドして頭が少し上下に動くばかりです。

もう1人男性が加勢して棒をしっかり握り、犬が窒息しないように棒の先で頭を持ち上げます。

最初の男性は思い切って上体を犬の方に傾け、両手で直接犬の後足をつかみました。

バランスを崩したら頭からタールに突っ込みそうな姿勢です。気を付けて!

今度は前足をつかんだ。犬の体が少しずつ、岸に近づいてきます。

あ、犬が頭を動かしました!生きてる!

引き上げる瞬間はきっと撮影者も手伝ったのでしょう。次の場面ではすでに、引き上げられた犬を手持ちの洗剤で洗っています。

手も真っ黒、大変な作業です。

全身をできるところまで洗い、石鹸の泡を残して、いったん休憩。犬の体力消耗は相当激しいはずです。

おなかは上下に動いていて、確かに呼吸しています。眠って少し元気になったら、また洗浄の続きですね。

その後

最後は、すっかりタールが落ちて体毛も乾いて、何よりうれしそうに足踏みする犬の様子にほっとします。

初めて顔もわかります。生還できてよかったねえ。タールの池にはもう近づかない!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:ViralHog

ViralHog

▼ ViralHogYouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/c/Viralhog

▼ ViralHogRumble
https://rumble.com/user/ViralHog

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。