人を恐れて咬もうとする犬の保護には、昔話の語り聞かせでリラックス!?

人を恐れて咬もうとする犬の保護には、昔話の語り聞かせでリラックス!?

茂みに隠れて出て来ず、発作的に咬みつく動作を繰り返す小型犬の保護。荒ぶる犬をしずめるために、「昔話」を語って聞かせました。後に犬の視力がほとんどないことが判明し、視力回復手術を受けることに。

お気に入り登録

恐れる犬に忍耐と愛情を

通報・発見

犬の保護依頼を受けて、ロスアンジェルスの保護団体HOPE FOR PAWS が到着しました。

住宅の前庭の茂みに隠れるように寝ているのだそうです。で、探してみると…いた!

とても大人しそう。「そんな所でどうしたの?」なんて声をかけながら手を伸ばしてみると…

ガーッ!!!

ひえー!

でもこんな反応も見越していた保護団体リーダーは動じません。さっと手を引っ込めて「No! No!」と制します。

おやつをあげてみましたが、ペロッと舌を出すだけで、あまり興味を示しません。ごはんはたっぷりもらっているのでしょう。

この時、リーダーは強い逆光を受けていて、実は犬の表情がよく見えていなかったのです。

そうでなければ、きっとこの時点で犬の目つきがおかしいと気づいたことでしょう。この子、ほぼ盲目だったのです。

咬みつく犬に忍耐と愛情で接近

早々につかまえるべきと判断して、ワイヤリードを使うことにしました。

意外にも犬は最初は抵抗せず、というより無反応で、頭に輪を通すことができました。でも輪が徐々に首回りに締まってくると、またガッと歯をむく動作を繰り返します。

リーダーは、どこかケガをして痛みがあるための反応かと思ったそうです。

そうではなくて、よく見えない「敵」につかまる恐怖と戦っていたのですね。

赤い毛布で触れても、反射的に毛布に咬みつきます。この調子では危険で抱えることもできません。

焦らず、犬に寄りそって、信頼してもらう必要があります。

犬はまだ発作的に咬む動作を繰り返しますが、なだめつつ、茂みの外へ誘導しました。

立ち上がらせて歩かせてみると、想定したようなケガはなさそう。

リーダーは地面にあぐらをかいて、少し落ち着いた犬をひざの上に誘導しました。

そしてなんと、とても時間がかかって大変だった保護活動の思い出話を、5歳の子どもにするように語るんです、この子に!「デイジーって子がいてね…」そう来たかあ。

デイジーの保護の様子は、わんちゃんホンポでも以前『人を信じない成犬を時間、人手、お金をかけて保護!全ての犬にその価値がある』という記事でお伝えしました。

今回の動画では黄色い枠内が、その時のデイジーの様子です。それを理解して聞いているようなこの子の表情も秀逸!

実際は話の内容は理解しないでしょうが、ただこの人の体臭や声のトーンを敏感に感じ取って、犬はこの人が敵か味方か察知しているのでしょう。もちろん、味方です、大の味方ですよ。

こうして発作的な咬みつきはおさまり、「ドリトル」と名付けられた犬は、すっかりしおらしくなりました。

車に乗せると、みずからひざの上に乗ってきます。この流れは、ぜひ動画を見てください。

ケア

まずはサロンで汚れた体毛をごっそり刈りました。

すっかり落ち着いたドリトルは、毛刈り中にもおおあくび。それから体も洗ってさっぱりしました。

サロンでの処置中に、盲目に近いことがわかりました。

サロンに居合わせた子と遊びだすドリトル。ほんの2,3時間で、ここまで態度が変わるのですね。

忍耐と愛情の力は、いつもながらすごいなあ。

それから

驚きの変化はまだ続きました。この後、検査を経て、ドリトルは視力回復手術を受けたのです。

新型コロナ対策のために手術中の撮影はできなかったのですが、その後のドリトルの様子から視力が大幅に回復したことがわかります!

物がよく見えず、茂みに丸まって攻撃的になっていた姿からは想像もつかないような、リラックスし自由なドリトルを動画でご覧ください。

笑っちゃうほど元気です!そして、ドリトルと里親さんの早期の出会いを祈りましょう。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。