歯磨きまでしてたのになぜ…?犬用品と一緒に捨てられた小型犬の保護

歯磨きまでしてたのになぜ…?犬用品と一緒に捨てられた小型犬の保護

製材所の敷地に捨てられた小型犬を保護。近くには犬用品が捨ててありました。接近したけれどまだ信用しきっていない犬が逃げ腰になった瞬間、絶妙なタイミングで片手ですくい上げました。

お気に入り登録

的確な判断となめらかな動きに注目

通報・発見

飼い主に捨てられた犬の保護依頼で、保護団体HOPE FOR PAWSが現場に到着しました。連絡してくれた男性が、犬の行動パターンなどを説明してくれます。

製材所の広い敷地を歩いて犬を探しました。しばらくすると、いた、いた。

犬を警戒させないように、捕獲用の道具は地面に置きました。犬はためらいながらも、女性2人の方へ近づいてきます。

タイミングをはかって保護

気温38℃にもなる酷暑の中です。2人は日陰に入りました。犬は地面に置かれたネットをフンフン嗅いで確かめています。

動画には編集でバルーンが挿入され、以前に似たようなケースでこのネットが活躍した様子を示していますが、今のこの状態ではネットは使えませんね。笑

まずは素手で食べ物を与えて、焦らずに信頼獲得を目指します。

ここまで近づいて食べ物をあげて、いい感じ。

でも向かって左の女性が布リードを手にじりじりと近づくと、その「圧」を感じ取った犬は、右側の女性の後ろ側に逃れるように身を隠してしまいます。

あ、このまま逃げられてしまうかな、と思った次の瞬間…

右側の女性、流れるようななめらかな動きで、まずは片手で、そして両手で犬抱き上げていました!

まだ接近の段階で、この犬は咬みつかない、と一瞬で判断したんですね。さすがです。むやみに真似したら危険です。

布リードもかけて、犬はすっかり安心しています。名前は「シャニア」にしました。砂漠に住むフェネックギツネのような大きな耳の子です。

ところで、今気づきましたが、最初は2人ともコロナ対策のマスクをしていました。

犬が接近してきたところで、2人とも口元からマスクをはずしています。どうやら、見慣れないマスクに不信感を持つ犬がいるらしいのです。

ま、この人たちはPCR検査を受けて保護活動を継続しているのでしょうね。路上に犬たちがあふれている以上、活動を停止するわけにはいきませんから。

シャニアの元の飼い主が捨てていったとみられる犬グッズが、ゴミ箱にたくさんみつかりました。中には小動物用のバギーや、犬の歯磨きペーストなんかもあったのです。

一時はシャニアの歯の健康を考えた飼い主、いったい何があったのやら…。無責任。

シャニアは車中でもすっかりリラックスできました。

ケア

あ、これかわいい。おとなしくシャワーを浴びるシャニアです。この後のタオルにスリスリがまた、かわいい!

最後に

この動画がアップされたのが、2020年8月。今頃はもう、小さなシャニアが素敵な里親さんの家庭に居場所を見つけているといいなと思います。

動画をどうぞ。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。