違法な子犬工場の摘発で出会った子犬と警官。強いきずなが生まれました

違法な子犬工場の摘発で出会った子犬と警官。強いきずなが生まれました

違法な犬の繁殖施設から、4匹の子犬が救出されました。警察の捜索チームの1人だった警官は、いちばん小さくおとなしかった子犬のことが忘れられませんでした。

お気に入り登録

警察官の幸せ

摘発

冬のロンドン。大規模な犬の不法繁殖に関する捜査の一環で、警察と動物愛護団体RSPCAが協力して、4匹の子犬を救出しました。

室内に子犬だけで隔離されていました。

「マーリー」はその中でいちばん小さく、おとなしい子でした。

おとなしい子犬

この子がマーリーです。

摘発でまわりが騒がしい中、マーリーは感情を見せずに大人しくされるがまま。

あまりの無表情、無反応ぶりに、保護した人も心配するほどでした。

ケアとその後

子犬たちはまず健康状態のチェックを受け、マーリーには貧血や消化器系の問題がありました。

この経緯を説明しているオリヴィアさんは、警官として家宅捜索に参加していました。おとなしいマーリーを忘れられずに、里親に立候補したのです。

そして、これは少し成長したマーリー。元気に走ったり川にとび込んだり、思い切り楽しんでいる様子が伝わってきます。

すっかり大きくなったマーリーとオリヴィアさんのきずなは強いのです。

「犬を飼うと色々大変なこともありますが、この子が待っている家に帰るのは至福です!感謝しています。」

最後に

オリヴィアさんは言います:「犬を買うつもりなら、何度かブリーダーの元に通って、その子が生まれた環境を十分に調べてください。」

イギリスでは、ペットショップで犬や猫を買うことはできません。どうしてもという場合は、直接ブリーダーから購入するのです。

間違っても、犬たちが虐待される違法な子犬工場から犬を購入してはいけません。

でも、多くの人はもうひとつの選択肢、保護犬を譲り受けています。オリヴィアさんとマーリーのように。

※こちらの記事は動画や画像の撮影・制作・配信をしている団体より許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:RSPCA UK

RSPCA UK

▼ 公式サイトはこちら
https://www.rspca.org.uk/

▼ 各種SNSも要チェック!
Facebook
Instagram
Twitter

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。