置き去りにされた小型犬は、炎天下のなか家族の帰りをずっと待っていた

置き去りにされた小型犬は、炎天下のなか家族の帰りをずっと待っていた

ホームレスの人が消えた時、犬が1匹取り残されていました。おく病な犬は走って逃げますが、オーバーウェイトぎみな上、真夏の炎天下。犬も、追跡する人も、お疲れ様な保護でした。

お気に入り登録

炎天下の追いかけっこ、きつい!

通報・発見

ホームレスの人が複数の犬を飼っていましたが、ある日、1匹だけ残して人も他の犬と共にこつぜんと消えてしまいました。

取り残された犬は途方に暮れ、「家族」が戻ってくるのを待っているようです。この犬の保護依頼を受けた保護団体HOPE FOR PAWSがかけつけました。

追跡

1人が道路の向こう側にある門を閉めに走りましたが、犬はそれに気づいて、閉まる前にすり抜けて出て行ってしまいました。外には線路が走っていて、列車が通過すれば危険です。

犬を追って人もゼーハー息を切らして走っていきます。気温は38℃近く。犬も人も疲れ切ってしまいました。

犬はついに立ち止まり、こちらをうかがいます。フェンスの向こう側の黒い飼い犬が吠えています。追っているのはフェンスの前に立つ白っぽい方ですね。

犬はまた歩き出しますが、もうお疲れで、木陰に身を寄せました。

「お座り。座って、お願い」

保護

「お座り」のコマンドを知っていたのか、偶然か、犬は座ってくれました。ワイヤリードを持って用心しながら少しずつ近づきます。

リードの輪っかの部分で体にやさしく触れ、そしてゆっくり首に輪を通しました。よし!

急接近。うん、もう大丈夫でしょう。「ガーフィールド」と名前をつけ、素手でなでることができました。

でも「歩きたくなーい!」と暴れるガーフィールド。抱き上げようとすると「抱かれたくなーい!」

結局、ケージを引きずって持ってきてガーフィールドを入れました。「ほら、タクシーサービスだよ!」笑

車に運んで、水を飲ませて、いざ病院へ。

ケア

シャワーです。大人しいね、ガーフィールド。

子猫と一緒に腕に抱かれるガーフィールド。

それから

とてもおびえているガーフィールドには、心を開く練習が必要です。協力団体がトレーニングしてくれることになりました。

施設では、おもちゃを追いかけるのが大好きという一面も発見。遊びながら、ガーフィールドの縮こまった心は開いていきました。

オーバーウェイト気味なのも、適切な量を食べ、走り回って遊ぶうちに適正体重になるんじゃないでしょうか。

「グッボーイ、バディ!(いい子だね!)」

海岸のさわやかな海風も感じられる動画です。どうぞ。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。