線路脇に居ついた小型犬には古い首輪が…。スピード展開で里親の元へ!

線路脇に居ついた小型犬には古い首輪が…。スピード展開で里親の元へ!

すぐ横を列車が通過する線路わきに居ついた小型犬。体じゅうに寄生したダニを除去して体を洗うと、すっかりリラックスした姿をみせてくれました。

お気に入り登録

茂みから引っ張り出すのはひと苦労

通報・発見

線路わきに住みついた犬の保護依頼を受けて、ロスアンジェルスの保護団体HOPE FOR PAWS が現場にかけつけたのは、すでに日暮れ時でした。

線路から2、3mの茂みに寄り添うように小型犬が座っていました。貨物列車がゆっくりと横を通り過ぎます。

隠れる犬

食べ物を投げながら接近しますが、食べ物にはあまり興味を示さず、立ち上がってツタの茂みの中に隠れます。そしてどんどん奥へ入って行き、見えなくなってしまいました。

ツタの茎や根がギチギチにからまった茂みの中に、すっぽり隠れている犬の古い首輪を指にひっかけて外に引きずり出そうとします。でも犬はそっぽを向いて抵抗し出てきません。

犬の頭が見え始めると、血を吸ってふくれ上がったダニが無数にこびりついているのがわかりました。

2人がかりでついに犬を抱き上げて外に出し、ひざに乗せることができました。顔まわりに食らいつくダニ。見ているだけでかゆくなりそうです!

「全部取るのに何時間もかかるね。」

とにかく疲れ果てていた犬は、車の中で眠り込んだのか、ただボーッとしているのか。

ケア

病院に到着して、この犬に「ティックタック」と名前をつけました。

ダニの除去作業は、予想通り数時間かかったそうです。ティックタックはされるがままに大人しくしていました。

そしてシャワーです。

すっかりリラックスしたティックタック。

「こんな生活も悪くないね」

それから

ワクチン接種なども終えて、ティックタックはさっそく里親さんに出会いました!スピード感がすごい。

おとなしい先住の小型犬も、新参のティックタックを受け入れてくれたよう。庭に出ると思い切り走り回ります!

保護犬のみんな、ティックタックに続け~!私たちも応援しましょう。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。