間に合った!典型的なネグレクトの犬に手を差し伸べ、時間をかけて救出

間に合った!典型的なネグレクトの犬に手を差し伸べ、時間をかけて救出

狭いスペースに1匹で隔離し、何もすることがない状態で放置した、典型的な犬のネグレクトの案件。動物愛護団体の差し伸べた手が、やっと届きました。

お気に入り登録

孤独と退屈は拷問と同じ

ネグレクト

「ミンゴ」は犬小屋が置かれフェンスに囲まれた小さなスペースに年がら年中、隔離され放置されていました。仲間もいません。することもありません。もちろん愛情も与えられません。ただ、そこに生かされていました。

差し伸べた手

動物愛護団体PETAの職員やボランティアは、ミンゴの存在を知ってからというもの、何年も彼女の元に通いました。

真夏にも時々水がなく、ミンゴはのどがカラカラの状態で放置されていました。PETAが水をあげると、必死に飲んだのです。

PETAは行くたびにミンゴの相手をし、食料や水を差し入れ、時間の許す限り散歩に連れ出すなど懸命に世話をしました。

それと同時に、かたくなな飼い主にミンゴの所有権を受け渡すように説得を続けました。

それは何年も継続し、所有者はついに、ミンゴの引き渡しに同意したのです。

手が届いた

長い時間がかかりましたが、ミンゴはついにネグレクトから解放されました!

ミンゴの里親さんに名乗り出たのは、努力を続けたPETAの関係者でした。

おうちの先住犬ともすっかり気を許す関係のようです。

新しい暮らし

ミンゴはもうシニアの年齢で、健康上の問題もあるようですが、それでもまだまだ元気。先住犬さんと一緒に走り回ったり、新しい環境を探索したり、これまでできなかったことを一から試しているみたい。

2分足らずの動画の後半は、そんなミンゴのとってもかわいく素敵な姿を見ることができますよ。

「幸せになるのに遅すぎることはない(It’s never too late to be happy.)」のメッセージがすとんと入ってきて、よかったねえ、と思える動画を是非どうぞ!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:PETA (People for the Ethical Treatment of Animals) 

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。