衰弱したチワワは体をひきずって何キロも歩いた。小さな体に宿る命の灯

衰弱したチワワは体をひきずって何キロも歩いた。小さな体に宿る命の灯

人通りのない道路をはっているチワワを見つけた人が、保護団体にその犬を託しました。風前のともしびだった小さな命に、再び生きる力がよみがえります。

お気に入り登録

はって進むチワワを見て、保護した人は泣いた

発見・保護

高齢のチワワがマヒした体を引きずって、家も人通りもない道を歩いていたところを保護されました。頭を持ち上げる力もなく、ほとんどはいつくばっていたそうです。保護した人は涙して、ひとけのない所に捨てられ、何キロもはってきたのではないかと推測します。

保護した人は、ぐったりした犬を腕に抱いたまま、保護施設タキス・シェルターのタキスさんに聞きます。「安楽死ですか?」

答えは:「そんなことはしませんよ。治療します」

ケア

病院に到着し、体重わずか3.4kgのこの子を「エルピーダ」と名付けました。ギリシャ語で「希望」を意味します。

採血したり体温をはかったり、検診を受けるエルピーダ。リーシュマニア症という原虫による病気にもかかっていました。

体のケアだけでなく、施設では萎縮した心のケアも。他の小型犬が、温和なエルピーダのお腹に頭を寄せて、すっかりくつろいで眠っています。

犬だけでなく、こんな小さな子猫とも、何の違和感もなく一緒に眠るエルピーダです。

後足がマヒして動かなくなっていましたが…

まるで仲間に後押しされるように後足を引きずって歩き出し…

その勢いで腰を持ち上げることができました。

下の静止画は、初めて4つの足を床につけて歩いているのが目撃された瞬間です。ぎこちないですが、しっかり足が動き、そして尻尾を振っています!

命の灯はこんな小さな体にもしっかり宿っているのです。

その後

ぎこちなさは残りますが、それでも4本の足にしっかり体重がのって、歩いたり、仲間と遊んだりすることができるようになりました。

肉付きがよくなり毛並みもきれいです。最初の弱々しさからここまで、よく回復しました!高齢でもきちんと対応すれば回復力を持っているのだと、エルピーダは小さな体で教えてくれました。

動画を見ることは保護支援にもつながります!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Takis Shelter

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。