「あぁどうしよう…」警戒心ゼロの子犬たちと、ナーバスな母犬の保護

「あぁどうしよう…」警戒心ゼロの子犬たちと、ナーバスな母犬の保護

子犬たちは最初から警戒せずに人に近づいてくれましたが、母犬は食べ物を受け取っては離れ、少しの動きでビクッとし、グルグルと走り回ります。さあ、どうやって保護しましょう。

お気に入り登録

つかまりそうで、つかまらない

通報・発見

路上生活の犬の家族の保護依頼を受けて、ロスアンジェルスの保護団体HOPE FOR PAWS が現場に駆け付けました。

フェンス越しにのぞき込むと、地面のごみを踏みしめながら、奥から子犬がちょこちょこ出てきましたよ。つられて、もう1匹も。小さな顔に触れることができました。「お母さんはどこ?」

接近

見つけました、お母さん。フェンス越しに投げ入れた食べ物を食べてくれましたが、警戒している様子。

手から直接食べてくれるかな?少しずつ人に近づくお母さんを、離れた所で2匹の子犬たちが見守っています。

子犬たちは寄ってきて、手から直接食べ物を受け取ります。子犬のかわいさって、2匹だと3倍にも4倍にもなるんですよね。パクパクと口元の音も拾っていて、キューン。

保護

茶色の子「ダラス」をつかんで、腕に抱きました。母犬も近づいてくれるかもしれません。グルグル回りを小走りしながらそれを見るお母さん。

「あぁ、どうしよう、食べ物、おいしかったなあ。あの子、つかまっちゃって大丈夫かしらん…。あーどうしよう、どうしよう」と、心の声が聞こえそう。

作戦成功。近づいてくれました。徐々に慣れてくれたら、無理せずつかまえられそうです。

白っぽい子の「テキサス」もひょいっと持ち上げて、子犬2匹がそろいました。字幕は誤って両方「ダラス」としていますが、たぶんこの子はテキサス。

でもお母さんは、かえってナーバスになってしまい、つかまってくれません。10分追いかけてコーナーに追い詰め、ワイヤリードで腰のあたりをつかまえました。

お母さんショックのあまり、何度もギャン鳴きして跳ねまわり、転げまわります。ごめんよー、大丈夫だから。

ふう…。疲れたし、あきらめるか…。この人、やさしそうだし。

「メイブル」はやっと落ち着き、そして車中では、こんなよい表情を見せてくれました。フフフ…子犬たちは寝落ちしてますよ。

ケア

みんな、ノミだらけだった体を洗います。

それから

親子は一時預かり施設で楽しそうに暮らし始めました。半年後に会いに行くと、嬉しそうに寄ってきてくれ、もう警戒心は1ミリもありません。この愛らしい親子が、早く里親さんと出会えるとよいですね。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。