【閲覧注意】母犬と生まれたばかりの子犬たちを保護。母犬の胃に異物が!

【閲覧注意】母犬と生まれたばかりの子犬たちを保護。母犬の胃に異物が!

住居の庭に入り込んで出産したばかりのピットブルの母犬と子犬たちを保護。病院で母犬の胃の中に発見されたまるい異物を取り除く必要がありました。

お気に入り登録

逃げ腰だった母犬は人を受け入れて静かに待った

通報・発見

犬が庭に迷い込んできてたった今出産したとの連絡を受けて、保護団体HOPE FOR PAWS が夜の保護活動に出動しました。

下の静止画では、木のマタの向こう側に、母犬の瞳、そして木の根本のあたりに、灰色と白の子犬が見えます。

保護

簡易フェンスを張りめぐらせて、出入り口をふさぎました。

母犬は様子を確かめに出てきたようです。暗闇に目が光っていますね。

がっしりした体格のピットブルは、犬に不慣れな人には脅威に映るのかもしれません。しかしここまで威嚇行動を見せないこの母犬はたぶん、温和な性格のような気がします。

犬は人を恐れて小走りします。乳房が重く垂れていますね。

犬は家の周りをちょろちょろと一生懸命逃げ回ります。近所の人たちが出て来て、犬が簡易フェンスをくぐり抜けないように周りに立ってくれました。

こんなにたくさんのご近所さん、ご協力ありがとう!

犬はフェンスの前であきらめたように大人しくなり、ワイヤリードをかけることができました。

そしてやさしく頭をなでる手の感触にほっとしたようです。

お母さんを保護できたところで、今度は子犬たちです。

全部で5匹でしたが、悲しいことに、5匹目の子は、保護団体が到着する前に息を引き取っていました。安らかに…。いたわるように、小さな体から土を払いました。

4匹は無事に回収完了です。母犬は協力する近所の人々に見守られて、静かに待っていました。

ケア

病院に到着。母犬を「レクサス」と名付けました。

これまでに保護動画で多くの子犬のお風呂場面を見ましたが、こんなに幼い子犬は珍しいかもしれません。

ンン~と言いながら、気持ちよさそうです。

異物

続いてレクサスも洗い、きれいになりましたが、何かを訴えるような仕草です。体に不調があるのでしょうか?

レントゲン撮影すると、胃の中にビンの口金(フタ)が見つかりました!何かの拍子に飲み込んでしまったのでしょうか。

催吐剤(さいとざい)、つまり吐き気をもよおさせる薬を使って、胃から吐き戻させることにしました。

これがうまく行って、レクサスは口金をうまく吐き出しました!よかったよかった。

決して汚い場面ではありませんが、お食事中の方、苦手な方、動画の3分53秒から4分08秒までは要注意!

レクサス、その後はすっかり気分もよくなり、授乳しながらウトウト…。お疲れさまでした。

それから

保護した翌日には、レクサスと子犬たちは一時預かり施設に引き取られました。

そして3週間後の様子は…目がぱっちり開いた子犬たちが、わらわらわら~。レクサスも元気そうです。

最初に少し逃げ回っただけで、あとは人を信頼しとっても大人しく保護されてくれたレクサスと、その子犬たちに幸あれ。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。