咳が止まらない!内偵が暴いたペットショップの実情と、救われた子犬

咳が止まらない!内偵が暴いたペットショップの実情と、救われた子犬

ニューヨーク州のペットショップに動物愛護団体が潜入調査。「売り物」の子犬は、毎秒のように咳込んでいるにも関わらず「大した事ではない」と放置されていました。

お気に入り登録

連続してコホッコホッ

劣悪なペットショップの内情

昨日ご紹介した、米国・ニューヨーク州のあるペットショップの内情を暴露した動画。少し吠えて、すぐに大人しくなった犬たちを、洗剤がしみ込んでいるであろうタオルで突然、頭ごなしにひっぱたく映像は衝撃でした。

関連記事
米国ペットショップにおける虐待疑惑!覆面潜入捜査で目撃した実態は
米国ペットショップにおける虐待疑惑!覆面潜入捜査で目撃した実態は

ニューヨーク市にあるペットショップに動物愛護団体が覆面調査を敢行。2カ月間従業員として潜入し、実態を記録しました。

  • コラム
  • 里親・保護犬

救出とケア

このペットショップの売り物だった子犬の「ガーティ」は、他の何匹かの犬たち同様に、常に軽い咳をしていました。1秒間に1回程度、軽い咳がずっと続くのです。これでは体力ももちません。

店員はそれを「よくあること(大したことはない)」と説明していましたが、この子をペットショップから保護(!)し、病院で診察すると、肺炎が進行していることが判明したのです。これを放置して、売り物ととして陳列していたとはね。

幸いガーティは健康を取り戻し、さらに里親さんに迎えられました。

そしてこのペットショップは、HSUSによる告発の後、営業を停止したそうです。他の子たちについて言及されませんが、おそらくガーティ同様にHSUSに保護されたのではないかと、推測します。

でもねえ、この店、名前を変えてまたどこか別の場所でしれっと開業するんじゃないかという気がしますよ。

それを防ぐために、ペットショップやオンラインでの生体販売を禁止すべきなのです。非道な子犬工場の収入源を断たなければ、ガーティのような子、もっと悲惨な子が量産され続けてしまいます。聞くところによると、遺伝病の発生率が高い交配も平気で行われる状況もあるそうです。

元気になったガーティはよく遊びます!

よく歩きます!

ガーティは巻尾に立ち耳、日本犬でしょうか?世界各地で日本犬人気は高まっているといいます。人気の高まりゆえにますます多くの日本犬も虐待されるのはたまらない気持ちになりませんか?そしてもちろん、犬種に関わらず、全ての犬たちの苦境に心が痛みます。

最後に

ガーティは運がよかっただけ。苦しみ、闇に葬られる犬たちがどれほどいることでしょう。悪質な業者は、犬の心身の健康など完全に無頓着です。ただただ量産し、「壊れた」犬は捨て、生産と販売の回転率を上げるのみ。愛犬家には、決して許せない状況が蔓延しているということを、肝に銘じましょう。

なお、ニューヨーク州では、どうやらペットショップで子犬工場の犬と猫、ウサギの生体販売を禁止する方向に動いているようです。欧州でもペットショップで生体販売禁止の国が複数あります。(もちろん、どこでも闇の流通ルートを完全に断つことは困難ですが)この動き、日本にも到達するでしょうか?

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画の制作・配信をしている団体より許可を得て掲載しております。
 動画制作者:Humane Society of the United States
 掲載YouTubeチャンネル:The Humane Society of the United States

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。