膝の脱臼で歩くたびに激痛…ほとんど歩けなかった犬を保護&手術で回復!

膝の脱臼で歩くたびに激痛…ほとんど歩けなかった犬を保護&手術で回復!

保護施設に引き取られた時、その犬はほとんど歩くことができませんでした。手術を乗り越えて回復し、新しいお家が見つかるまでのストーリーをご紹介します。

お気に入り登録

膝の脱臼によりほとんど歩くことができなかった犬

RSPCAの施設へ

その犬の名前は「マックス」。RSPCA 南オーストラリアの施設に引き取られた時はほとんど歩くことができませんでした。膝が脱臼しており、歩くたびに激痛が走っていたと思われます。

マックスには膝の置換手術が必要でした。

手術からの回復

RSPCA獣医のブラッド先生によれば、術後の最善の結果を得るためにはマックスの体に十分なカロリーが蓄えられていることが大切。そして明らかにマックスには、回復の適切な経過をたどるために十分な栄養が必要だということです。

一時預かりの里親さん

マックスは、一時預かりを引き受けてくれたブレントンさんのもとへ。そして順調な回復を見せます。

ブレントンさんは「軽やかな足取りを取り戻すまでに時間は掛かりませんでした。後ろ足も上げられるし、まったく普通の犬です。」と語っています。手術の3〜4ヵ月後には1日20〜30分のお散歩を楽しめるまでになりました。

そして、マックスを預かって1年が過ぎるころ、ブレントンさんはマックスを永遠に飼うことに決めたのです!

マックスの表情も晴れやかですね。

まとめ

RSPCA 南オーストラリアに引き取られた経緯、また膝を脱臼した経緯についてはわかりませんが、激痛から解放されて本当によかったです。これからもブレントンさん一家に愛情をいっぱい注がれて幸せに暮らしていけることでしょう。

マックスが元気にお散歩する姿をぜひ動画でご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:RSPCA South Australia

RSPCA South Australia

▼ 公式サイトはこちら
https://www.rspcasa.org.au/

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。