車のかげでおびえていた子。保護して里親さん探しだなぁ、と思ったら…?

車のかげでおびえていた子。保護して里親さん探しだなぁ、と思ったら…?

住宅の駐車スペースに隠れて小さくなっていた小型犬は、怖がりながらも、人について行きたい気持ちが見え隠れしていました。無事に保護した後の一時預かり、里親さん探しは、必要なかったようです。

お気に入り登録

逃げる、でもつかまえて欲しい…

通報・発見

緊急保護依頼を受けた保護団体HOPE FOR PAWS。保護現場では、通報してくれた人たちが、保護活動の手伝いをしてくれました。

住宅の駐車スペースに隠れている犬をプラスチックフェンスで囲い込みます。

そして舗装した地面にはいつくばって車の下をのぞくと、いた、いた。

接近・保護

近づくと、「プルルルル」と軽くうなったよう。「ノー、ノー!」と、やさしく、でも決然と、諭します。

1月か2月の保護だったようで、「うう、寒いねえ。」と、犬に話しかけます。

そして危ないものではないと、怖がらなくていいとわかってもらうため、ワイヤリードで首回りを触ります。

犬は黙ったまま、リードをよけたり、「接近者」をじっと見つめたりしています。そしてやっぱり、「プルルルル」とうなっています。

一気に勝負に出て、ワイヤリードを首にかけようとしたのですが、失敗!犬は立ち上がって、車の横に出てきて、右へ左へと動き回ります。

犬に近づいて、動ける範囲を狭める作戦にしました。すると、反対側から出てきました。

協力する女性が、フェンスをしっかり持って、犬が逃げないようにがんばります。

それにしても、真っ白な子ですね。

不安から逃げてはいますが、保護団体リーダーは、この子の姿勢から、保護されるのを望んでいると看破しました。ほっほう、犬のボディ・ランゲージで、そこまで読み取れるのですねえ。

そこで、楽しい雰囲気を演出するように、地面に伏せて、「おいで!ほら!いい子だねえ!こっちおいで!」と、それまでより元気よく声をかけ始めます。

すると犬は、ワン!ワン!と、応答するように吠えてきました。

そう言われれば、本気の威嚇ではなく、「何かちょっと、こわいんですけど!大丈夫なの!?」と訴えているようにも聞こえますよ。

相変わらず、「ウウウウウ」とうなってしまいますが、確実に距離が縮まっていきます。

そして、ほら…。

布リードを受け入れてくれました。この顔、努力してガマンしているのがわかりますね。

彼らが「ラッキー・リーシュ」と呼んでいるこのリードは保護団体のウェブサイトで購入できるんですって。売上は、保護団体の運営費になります。

送料購入者負担で日本にも送ってくれるでしょうか?どなたか、もし日本で購入した方がいらしたら、教えてください!

車のドアを開けると、犬はみずからすすんで、助手席に飛び乗りました。これ絶対、車に乗り慣れていますね。

さっきまでの不安げな様子はどこへやら、すっかりリラックスした様子に、笑い声があがります。

マイクロチップは埋まっていませんでした。誰が、どこでこの子を飼っていたのでしょう。そしてなぜ、路上暮らしになってしまったのでしょう。

隠れていたこの場所を、最後に車窓から確認する犬、向こうの窓辺には、黒白の猫が。味わい深いシーンです。

保護団体がこの子の写真をインスタグラムにあげると、名前は「パドルズ」を推す声が多数、届いたそう。この子は今日から、パドルズです!

ケア

到着した病院で、ゴシゴシゴシ。全てを任せきっているような、パドルズです。

そしてフワッフワ。

それから

!!なんと!!

パドルズの飼い主が、見つかりました!ネットで情報を拡散したのが功を奏したのでしょう。

飼い主さんたちが待っている部屋のドアを開けた途端、尻尾ブンブンブンが止まらない!

自分で網戸を破ってとび出して、帰れなくなってしまったようです。よかった、本当によかった。

そして教訓は

  • ネームタグをつけた首輪を常につける
  • マイクロチップもつけましょう

この飼い主さんたちは、さっそくこの2つを実行したそうですよ。

そしてパドルズの「本名」は、チャ…動画で確認してください!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。