「放置子」犬の元に通い、行方不明を乗り越えて勝ち取った10年越しの絆

「放置子」犬の元に通い、行方不明を乗り越えて勝ち取った10年越しの絆

よく見られる飼い犬のネグレクト状態を発見した動物愛護団体は、約10年に及ぶ関わりの末に、ついに放置された犬を救い出すことに成功しました。

お気に入り登録

転がしたバケツが寝床

発見

動物愛護団体PETA職員のジェシカさんが2007年に「エディス」に出会ったとき、エディスは鎖につながれ、大きなバケツかたるのようなものを犬小屋がわりにして放置されていました。

継続的なケア

それ以来、PETAはエディスの元に継続的に通い…

犬小屋を与え、愛情を持って接しました。

ところがある時、エディスはこつ然と姿を消してしまいました。ジェシカさんたちは本当に心配したそうです。

それから2年の月日がたち、ジェシカさんはエディスに再会しました。この経緯は詳しく説明されていませんが、飼い主が身勝手に引っ越して連絡を絶った、というようなことかもしれません。

再会した時、エディスはジェシカさんをもちろん覚えていて、以前のようにヘソ天で迎えてくれました。

その後2016年に、この身勝手な飼い主はまた引っ越す際に、ついにエディスをPETAに引き渡すことに同意しました。

エディスとの絆を感じたジェシカさんは、この子の里親になる決心をしました。そうと決まれば、さっそく車で一緒に帰宅します。エディスはまるで毎日こうして散歩に出ていたかのように、喜んですんなり車に乗りました。

ハッピーエンド

鎖につながれて放置され、ネグレクトに陥っていたエディスは、長年の絆をはぐくんだジェシカさんの元で幸せをつかみました。

好奇心を失わず、落ち着いた態度のエディスは、どこに行っても誰とでも仲良くでき、人にも犬にも好かれている様子が、動画で伝わってきます。ジェシカさんやPETAをはじめ、動物愛護・保護活動にまじめに取り組む人々に感謝と敬意しかありません。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:PETA (People for the Ethical Treatment of Animals) 

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。