酷い虐待を乗り越えた犬は笑顔でポスターに。元飼い主には有罪判決!

酷い虐待を乗り越えた犬は笑顔でポスターに。元飼い主には有罪判決!

虐待防止イベントのポスターの顔になったわんちゃんには酷い虐待を乗り越えた経験がありました。それを紹介したニュース映像からご紹介します。

お気に入り登録

虐待され森林に放置された犬

殴打され酷い怪我を負った2匹の犬

西オーストラリアの低木地帯で、血を流しとても怯えた2匹の犬がいるとの通報を受けRSPCA (英国王立動物虐待防止協会) のインスペクターが調査に向かいました。

2匹の犬はタイヤ交換用の鉄製レバーで殴打されたようです。

酷い怪我を負っていました。

緊急の手術を受けた後、2匹のうちの1匹オーストラリアン・キャトルドッグ・ミックスの「バーバラ」は妊娠していることがわかりました。

出産後バーバラは、RSPCAのインスペクターであるジェニーさん家族に引き取られることになりました。そしてもう1匹の犬「クーガー」は回復後に、年配のご夫婦のもとに引き取られて行きました。

元飼い主は有罪に

元飼い主は虐待を否認していたものの、現場にあった鉄製のレバーから採取されたDNAと元飼い主のDNAが一致して有罪となりました。

これは動物虐待での有罪判決に、オーストラリアで初めてDNA鑑定結果が採用されたケースです。元飼い主には5000豪ドルの罰金と10年間の動物飼育禁止が言いわたされました。

Million Paws Walk(ミリオン・ポーズ・ウォーク)

オーストラリア各州にあるRSPCAでは、毎年5月に「Million Paws Walk」という動物虐待防止と資金集めのためのイベントが行われます。

ジェニーさんの家族の一員となって10年経ち、バーバラは西オーストラリアのミリオン・ポーズ・ウォークのポスターに起用されました。

いいお顔をしています!

まとめ

辛い過去を乗り越えて、動物虐待防止の顔になったバーバラ。虐待に苦しむ動物をこれ以上増やさないための活動にきっと役立つことでしょう。

ニュース映像はこちらから。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:RSPCA WA

RSPCA Western Australia

▼ 公式サイトはこちら
https://www.rspcawa.asn.au/

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。