優しい地元の人たちのおかげでフレンドリー!ハッピーな野良犬を保護

優しい地元の人たちのおかげでフレンドリー!ハッピーな野良犬を保護

公園に1年以上いついている小型犬を保護に行くと、そばにいた地元の人は、動画で保護団体を知っていました。犬は保護されてとても嬉しそうです。

お気に入り登録

ハッピー!が態度に出てる犬

通報・発見

ロスアンジェルスの保護団体HOPE FOR PAWS(HFP) に、公園で1年以上暮らしている犬の保護依頼が入りました。団体の事務所から3時間かけて現場に到着したところです。

犬は、公園に設置されたテーブルとベンチにいる人たちの足元で、おやつのおこぼれをねらいつつ、のんびりしている様子。座っている人に話しかけると、すでに犬のことを知っている地元の人でした。通報者ではないので、保護にきたと説明します。

犬に声をかけると、すぐにこちらに寄ってきて、尻尾を振っています。

「あなたたち、HOPE FOR PAWS の人?」と、地元の人が思い出したように聞きました。「そうですよ!」米国の動物好きには知られた団体です。信用されるし、話が早いですね。

保護

犬は布リードを見るとちょっと逃げましたが、本気で走って逃げたわけではなく、ちゃんとつかまえることができました。

嬉しそうにしているこの犬を「ハッピー」と名付けました。

ハッピーも落ち着いているので、ロスアンジェルスへ戻る長い運転の前に、ベンチに座って地元の人たちと少し歓談していきました。

車に戻り、マイクロチップの確認をしますが、やっぱり埋まっていませんでした。団体が保護する犬はほとんど、チップが埋め込まれていません。がっかり。

ケア

病院でも、ハッピーは本当にハッピーそう。まずは毛刈りからね。

続いて、シャワータイム。ノミやダニを落として…。

グルーミングもシャワーも全くいやがる様子を見せずに、タオルの上で「はぁぁ、さっぱりした!」

それから

予防接種など一連の処置の後、ハッピーは一時預かり施設に登録する家庭に移りました。見た目がよく似た仲間もいる家庭です。ハッピーは元気そのもの、ハッピーのかたまりです!今頃は、里親さんと出会っているかしら?ハッピーな動画をどうぞ。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。