耳が聞こえず片目が潰れ殆どの歯がない犬…里親の元で幸せを感じてほしい

耳が聞こえず片目が潰れ殆どの歯がない犬…里親の元で幸せを感じてほしい

オハイオ州で見つかった犬、猫の大規模なネグレクト案件から救出された1匹の犬は、耳が聞こえず、片目と歯を失い、栄養失調で歩けない状態でした。保護されてからの暮らしは180度変わりました。

お気に入り登録

取り返せない失ったものと、これから築くもの

レスキュー

女性が背中に背負うバックパックからのぞいているのは、「パイパー」です。

米国オハイオ州で見つかったひどいネグレクトのケースで、150匹近い犬、20匹近い猫とともに、パイパーも救出されました。

「水も食べ物もありません。そこら中に下痢便が広がっています」とは、動物愛護団体The Humane Society of the United States(米国動物愛護協会)の救助者のことばです。

パイパーは、耳が聞こえず、片目がつぶれて、歯はほとんど全て失っていました。

「生きているとは言えません。ゆっくりと死んでいる途中です。」

「立つこともできません。骨と皮です。」

里親さんとの生活

そしてこの女性、ジュリーが、保護後のパイパーの里親さんに名乗り出てくれました。

それ以来、パイパーは毎日、少しずつ歩く距離を伸ばしています。でも、他の犬たちと一緒に散歩は難しいので、ジュリーのバックパックに入ります。

街の人たちがパイパーを見て声をかけてくると、ジュリーはパイパーが経験した地獄のような日々を説明します。

パイパーは、毎朝のごはんをとても楽しみにしています。

『楽しみがある』ということが、犬にとっても生きる上でどんなに大切なことでしょう。

しっかり自分の足で立っていますね。

町の人に知ってもらうこと

ジュリーとパイパーは、今日も他の犬たちと一緒に散歩に出て、好奇心のある人には、「この子、保護犬なんですよ」と教えます。

パイパーは今、ネグレクトを知らない人たちに事実を伝えるアンバサダーです。

最後に

ジュリーは言います。

「こんな子の取扱説明書はありません。毎日が手探りですが、パイパーと一緒に答えを探しています」

「ひどい経験を埋め合わせることはできないかもしれませんが、幸せを感じてほしい」

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画の制作・配信をしている団体より許可を得て掲載しております。
 動画制作者:The Humane Society of the United States
 掲載YouTubeチャンネル:The Humane Society of the United States

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。