犬の「生きた展示品」施設の裏。子犬は餓死寸前まで放置されていた

犬の「生きた展示品」施設の裏。子犬は餓死寸前まで放置されていた

米国ミシシッピ州にある個人経営の小さな遊園地のような施設で、ネグレクトの状態にあった大量の犬と猫が救出、保護されました。その中の1匹の子犬は、餓死寸前でした。

お気に入り登録

事件

踏み込み・発見

米国ミシシッピ州で、郡保安局が遊具のある施設を摘発。「生きた展示品」として劣悪な環境に置かれた90匹近い犬と猫の保護を、動物愛護団体The Humane Society of the United States に依頼しました。

そして多くの犬たちの中にいたのが、子犬のベンです。

極度の栄養失調におちいっていました。

施設内の遊具

遊具や目を引く置物と、生きた動物たちの惨状のギャップが激しすぎます。

救出

日の光も十分に入らない汚染された室内のオリの中で、ベンは発見されました。

「背中に手を滑らせると、背骨がごつごつと全部わかります。腰骨も、肋骨も触れます」と、レスキューチームの男性。健康状態は最低レベルです。

犬種には触れられていませんが、シェルティのようにも見えます。

この事件のまとめ

この施設の所有者は高齢の夫婦で、動物虐待の疑いで裁判になっています。夫婦は逮捕されましたが、虐待したことは認めていません。悪気はなかったというのでしょうか…。

その後のベン

保護されたベンは、一時預かり施設で体重を少しずつ正常値に戻していることでしょう。

散歩もし、元気に過ごしています。里親さんが見つかりますように。

施設の極限状態と、その中から救出されたベンを動画でご覧ください。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画の制作・配信をしている団体より許可を得て掲載しております。
 動画制作者:Humane Society of the United States
 掲載YouTubeチャンネル:The Humane Society of the United States

同じ施設からレスキューされた別の犬の記事はこちら

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。