おなかを蹴られて内臓破裂していた犬を保護。手術、回復そして里親の元へ!

おなかを蹴られて内臓破裂していた犬を保護。手術、回復そして里親の元へ!

寝転んで動けなかった犬は、内臓が損傷していることがわかりました。医師は人に腹部を蹴り上げられたようだと見立てます。保護が1日でも遅ければ命を落としていた犬には、その後幸せな暮らしが待っていました。

お気に入り登録

水も食べ物も受け付けない

通報・発見

何時間も横になったまま動かない犬がいるとの連絡で、保護団体HOPE FOR PAWS が現場を訪問しました。

建物の陰に寝そべっている犬をのぞくと、ばっちり目が合いました。生きてるのね。

周りをプラスチックフェンスで囲って、保護活動を開始します。

建物のくぼみにすっぽりと収まって、ドッグフードや水にも手をつけていません。どうしたの?

保護

接近すると上半身を起こしますが、何か違和感があります。布リードを首に通し、素手でなでることもできました。

この時は知る由もありませんでしたが、実は内臓が一部破裂して出血していたのです。痛みに耐えていたのですね。言葉がない犬を理解するのは難しいですね。

犬はうながされてやっと立ち上がって歩いてくれました。おなかが痛いのを我慢しているのでしょうか。いじめられるわけではないと理解してくれたのでしょうか。

ケージに入るのを嫌がって座りこみ、緊張からあくびが出ます。この犬を「アントニオ」と名付けました。

あきらめてケージに入ったアントニオ。とても大人しく、人に素直に応じてくれます。重いケージを車に積み込む際は、いつも腰に注意。保護団体リーダーはすでにヘルニアを発症してしまったそうです。

ケア

アントニオの体調が悪いことに気づいた保護チームは、この子を急患として病院に連れて行きました。まずは骨折の検査。骨折箇所は見つかりません。

超音波検査で初めて内出血が見つかり、緊急の手術が行われました。医師は、おそらく人に腹部を強くけられたためだろうと推測しました。なんてこと…。ひ臓が破裂し、肝臓も打撲のダメージがありました。今日、手術しなかったらおそらく命を落としていたと…間一髪で、アントニオの命をつなぎとめることができました。

それから

手術後、順調に回復したアントニオは、一時預かり施設を経て、里親さんと巡り合うことができました。

すっかり体の調子がよくなったアントニオは、見違えるように元気そうで、「お座り」や「お手」を披露してくれます。

1匹の犬がかろうじて虐待を生き延び、里親さんと強いきずなをはぐくんだ動画をご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。