誰かが迎えに来るのを待っていたよう。保護した犬は人との暮らしに慣れていた

誰かが迎えに来るのを待っていたよう。保護した犬は人との暮らしに慣れていた

1ヵ月ほどの間、路上で食べ物をもらいながら生きていた犬。食べ物は必要ですが、彼女は何より家族が迎えにくるのを待ち望んでいたのかもしれません。

お気に入り登録

「一緒に帰ろう」と促すように

通報・発見

1ヵ月ほど路上暮らしを続ける犬の保護依頼を受けて、保護団体HOPE FOR PAWS が出動しました。近所の人々が食べ物と水をあげていたそうです。

そのおかげもあって、犬は人を恐れず、喜んで近づいてきます。

尻尾を振って、膝をついてしゃがんだ女性の目の前に歩いてきてくれました。ラクな保護だわ~。

布リードを首にかけても、ずっと喜んで尻尾を振っています。

『やっと「うち」に帰れる!』と思っているのかもしれませんね。

リードをつけた歩き方も、車に乗り込む様子も様になっていて、慣れている感じがします。

「早く帰ろうよ!」

どうして路上暮らしになってしまったのか…捨てられたのでしょうか。

ケア

病院でシャワーのお湯が顔面を流れてもへっちゃらな「コレット」。

2人がかりで体を洗うと、マッサージを受けているようにうっとりしています。

陽気なコレットですが、体調は万全ではありませんでした。エーリキア症と呼ばれる感染症、乳房炎、それにつま先に腫瘍がみつかりました。医療処置を受け、腫瘍は切除されることになりました。

気持ちよいシャワーの後、ごきげんなコレットです。

それから

一時預かり施設が、里親さんが見つかるまでコレットを預かってくれることになりました。

そこでも元気一杯なコレット。

きっとすでに素晴らしい里親さんとの出会いを果たしたのではないかと思わせてくれます。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。