現行犯逮捕!31頭をレスキューした闘犬繁殖施設摘発の1例

現行犯逮捕!31頭をレスキューした闘犬繁殖施設摘発の1例

米国アラバマ州内の3カ所で、違法な闘犬繁殖施設が摘発され、31頭の成犬や子犬たちが保護されました。現場から逮捕者を連行した摘発は、国と州、保護団体の協力で実現したケースです。

お気に入り登録

犬が死んでもかまわない。どんどん増えるから。

アラバマ州内で警察が3つの違法な闘犬繁殖施設を摘発した際、協力した動物愛護団体The Humane Society of the United Statesが成犬や子犬を合計31頭保護しました。皆、重い鎖につながれっ放しであったり、狭いオリに監禁されていた状況です。

摘発

警察車両や愛護団体の大型トラックが到着し、施設の見分と犬たちの保護が始まります。

この白犬は人が来たことが嬉しくて、鎖をジャラジャラ鳴らして動き、尻尾を振ります。

こちらにはオリに監禁された子犬たち。闘犬としての短い一生が運命づけられていました。

子犬たちはオリの中にまとめられていて母犬や他の成犬との交流がなく、社会性を身に着ける機会を奪われていました。社会性がない方が、闘犬として使いやすいのかもしれません。

手前の子は鎖から放たれて、まだつながれている子の元へ一目散にかけ寄り、抱きつきました。ずっとこうしかったのかもしれません。

この施設の異常性は、下の静止画1枚に十分に表れています。手前から伸びる重い鎖につながれた茶色の犬が奥に隠れていますが、その鎖の途中には、金属の「おもし」が重くかけられているのです。この子はその重みの下でもがいていたそうです。

この状況を理解しようとしているかのように、震えながらじっと見つめる犬。犬たちは、鎖がはずされるとホッとした表情を見せると、保護活動に参加した愛護団体職員は語ります。

極端にやせ衰えた子…

何かの感染症が放置され、顔がはれあがってよだれを垂らしている子…。この子はまだ子犬ですよ。

犬たちは闘犬ショーで互いを傷つけ合い、その後放置されて死んだり、普段のネグレクトの中で死んでいきます。遺体は回収し処分すればいいだけ。犬はどんどん繁殖するのだから。そこには何の感情もありません。

犬とみられる骨を見つけた警官と愛護団体の職員たちが、現場の状況を記録してゆきました。やるせなさが背中に漂います。

最後に

この摘発は、連邦と州の司法・行政、動物愛護団体が協力し、米国南部の3州で合計367頭の犬を救出した大規模な摘発の一環と思われます。わんちゃんポンポでも関連動画をご紹介しました。

今回の施設の摘発では、現場で逮捕者が連行されました。でもこの個人の後ろに、もっと大きな闇が口を開けているのかもしれません。

闘犬を喜ぶ観客がいるということが大きな問題です。人間っていったい…。こちらが人間不信になりそうですよ。

この一連の大がかりな摘発で救われた犬たちに、自由と愛情がたっぷり注がれますように。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画の制作・配信をしている団体より許可を得て掲載しております。
 動画制作者:The Humane Society of the United States
 掲載YouTubeチャンネル:The Humane Society of the United States

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。