悪質ブリーダーの子犬工場から解放され幸せになった36匹の犬たち

悪質ブリーダーの子犬工場から解放され幸せになった36匹の犬たち

お金儲けのために子犬を増やすことだけしか考えないブリーダーに、劣悪な環境下に置かれていた36匹の犬たちのレスキューストーリーをご紹介します。

お気に入り登録

悲惨な状態の子犬製造ファームからの解放

子犬製造ファーム

RSPCA 南オーストラリアのインスペクターは調査に乗り出した「子犬製造ファーム」のひどい環境に声も出ませんでした。

36匹の犬たちが飼育されている環境は悲惨なもので、エサは排泄物に覆われた床に置かれ、さすような悪臭がインスペクターの喉と目を直撃しました。

水が入った水入れはたった1つだけ。複数の空になった水入れが転がっていました。

ここは、お金儲けのためだけに犬を飼育している「子犬製造ファーム」だったのです。

お水をあげると、犬たちはごくごくと飲み始めました。

健康状態の悪い犬

複数の犬が、感染症、寄生虫、ノミ、ケンネルコフ(犬伝染性気管気管支炎) などに罹っており、直ちに獣医の診察を必要とする状態でした。

ヘザーとリズ

ヘザーとリズという名前のゴールデンレトリバーは、「繁殖用」として飼われていました。まさしく子犬を次々と出産させられていたのです。

36匹を押収

RSPCAのインスペクターは、36匹の犬たちをこの悪質なブリーダーから「押収」しましたが、ブリーダーが手放すのを拒んだため、虐待が続くのを避けるためにもRSPCAは説得力のある主張で裁判に臨みました。その結果下された判決は、今後9年間の動物飼育禁止処分。

そして、36匹すべての犬たちが里親探しに参加できることになりました。

母犬ヘザーとリズ、永遠のお家が見つかる

リズは何か行動を起こすときは、まずヘザーがやってからじゃないと行動しないというくらい信頼する大の仲良しです。そして、嬉しいことに新しい飼い主さんは2匹一緒に引き取ってくれたのです。離れ離れにならなくて本当によかったです!

最後に

ほとんどのブリーダーさんは、飼育の知識も犬への愛情も豊富な方々だと思いますが、残念ながら中にはこんなに悪質なケースもあるのですね。

36匹のワンちゃんたちには、これからずっと、愛情もお水もたっぷり与えられる環境で安全に暮らして欲しいと願います。

RSPCAのインスペクターの活躍と、可愛い36匹のワンちゃんたちの様子をぜひ動画でご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:RSPCA South Australia

RSPCA South Australia

▼ 公式サイトはこちら
https://www.rspcasa.org.au/

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。