入った家から出られない!やせ細って歩くのもやっとな犬の保護

入った家から出られない!やせ細って歩くのもやっとな犬の保護

栄養失調で筋力がなくなった犬が荒れ果てた家の中に迷い込み、上階へ上がったきり、下へ戻って来られなくなりました。階段も窓もあり、こんな所で?という場所で餓死する寸前に保護することができました。

お気に入り登録

筋力が低下した犬は階段を下りることができない

通報・発見

「アーリントン」は、暑い夏に少しでも涼しい場所を探して、このうち捨てられた家の中に足を踏み入れたのでしょう。

朽ちかけた階段を上がっていき、そして帰るに帰れなくなってしまって中2階に閉じ込められていたようです。

栄養失調で筋力も体力もなく、外に開かれた窓から1.5メートル程度の地面へとび降りて脱出することもできませんでした。このままでは、家の中できっと命を落としていましたね。

人が来たことを喜んで、尻尾を振っています。

行きはよいよい帰りは恐い…で、この短い階段をよいしょよいしょと上った後で、下りられなくなってしまったということ。確かに、板は腐って半分崩れかけています。

踏ん張る筋肉がそげ落ちてしまったアーリントンがここを1人で下りるのは無理ですね。頭の重さを支えきれずに前に突っ込んで倒れる状況は、筋力の弱い子犬や老犬によく見られます。

助けに来た人の元に歩み寄るアーリントン。肋骨や背骨、大腿骨。全部浮き出しています。首輪をしていますが、どんな経緯で放浪犬になってしまったのでしょうね。捨てられたのかしらん…。

アーリントンを抱き上げて危ない階段を下り、地面にたどり着きました。アーリントン、軽そうです。

フェンス越しに手を振って見送る隣家の人たちの前を歩き、車へ向かいます。くだりのしっかりしたセメントの階段は、ふらつきながらも無事に下りることができました。

あああ…いい表情。アーリントンのホッとした気持ちが表れています。信頼しきって身をゆだねていますね。

保護団体が運営するクリニックの責任者が、「もう大丈夫だよ」と言い聞かせています。

その後

まずは体力の回復が先決。内臓も弱っているので、食事は少しずつ小分けに何度も与えるそうです。いっぺんにガッと食べたら消化できずに吐いたり下痢をするでしょうね。少しずつ健康を取り戻して、きっといつか素敵な里親さんに巡り合って。

※こちらの記事は動画配信をしている団体より許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Stray Rescue of St. Louis

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。