闘犬は虐待だ。ボロボロの犬が欲しかったのは、自由と愛情だけ

闘犬は虐待だ。ボロボロの犬が欲しかったのは、自由と愛情だけ

違法な闘犬の飼育場が警察に摘発されました。救助された17頭の中の1頭の保護とその後の様子を追います。荒れ果てた環境に監禁され戦わされた犬たちに荒々しさは全くなく、人に愛情を示してくれました。

お気に入り登録

顔面が崩壊するまで戦わされて

通報・発見

違法な闘犬の飼育場に、警察と共にThe Humane Society of the United States(米国動物愛護協会)が踏み込みました。そこに「サム」という犬がいるとの情報キャッチしていたのです。

17頭の犬が劣悪な環境で鎖につながれていたり、狭いケージに押し込められていました。協会メンバーの1人はその光景に「胸が締め付けられた」と言います。

果たしてサムはまだ生きているのか。犬たちを確認していくと、敷地の真ん中あたりのケージに、サムが見つかりました。

保護

強制されて戦うためでなく愛されるためにケージから出されるのは、サムにとって初めての経験だったかもしれません。

サムはくちびるを失い、歯はボロボロでした。

本来戦う意志も必要もない犬たちが、虐待され、あおられ、命をかけて互いに傷つけ合わされたのです。

サムは愛情に飢えていました。彼を抱く人は、今まで見た人間とは全く違うとすぐに理解しているようです。

荒々しく戦わされる犬たち本来の、穏やかで愛らしい姿です。

生き直し

保護当日に会った女性と保護施設で再会したサムは、彼女に飛びついて喜びます。

保護当日の協会メンバー2人に同時になでられ、甘えるサム。

チュッ

落ち葉をガサガサと踏みしめて、おもちゃをくわえたサムが走ります。

戦わなくていい、恐がらなくていい。楽しんでいい、愛し、愛されていい!

最後に

犬は闘犬になどなりたくありません。自らの意志で戦いにとび込んでいく人間のボクサーとは全く違います。

犬の知能が人間の3歳児程度だとして。身体能力は高い3歳児同士が、無理に戦って大けがをし、時には命を落とし、それ以外の時間は鎖につながれている現実を、どう受け止めますか?

犬を戦わせることを楽しむ観客がいて、金もうけに使う業者がはびこる現実が、日本を含めて世界中にあることから目をそらさず、声をあげましょう。知らない人に伝えましょう。

遊び疲れて大あくびする口に歯がなくても、与えられた生き直すチャンスに、サムは全身で喜びを表現しています。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画の制作・配信をしている団体より許可を得て掲載しております。
 動画制作者:The Humane Society of the United States
 掲載YouTubeチャンネル:The Humane Society of the United States

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。