命を弄ぶ商売はありえない!子犬も小型犬も多数…警官も呆れる施設の摘発

命を弄ぶ商売はありえない!子犬も小型犬も多数…警官も呆れる施設の摘発

米国ノースカロライナ州で摘発された子犬工場から、80匹以上の犬が救出されました。しかし、摘発が追い付かないほど、このような施設が乱立しているようです。

お気に入り登録

警察も頑張る

通報・発見

米国ノースカロライナ州で、違法状態にある子犬工場が警察に摘発されました。その際に、動物愛護団体The Humane Society of the United States が、犬の救出とその後の管理を託されたのです。

警察官が入り口のドアを蹴って先に突入します。

ダイニングキッチンには、小型犬が入ったケージが所狭しと積み重ねられていました。

異変に興奮した犬たちが吠えていますが、1つひとつのケージの中では、「助けて」と言うように犬たちが黙って立ち上がったり、訴えるような目を向けています。

家の外に連なる小屋にも、多くの小型犬がとらわれていました。スタッフの解説が入ります。

「水も置いていなかったり、地面は排泄物だらけです。中には老犬もいます。この環境でずっと生きてきたのでしょう。ひどい状況です」

ノースカロライナ州では、この9ヵ月ほどで、ここがすでに8ヵ所目の子犬工場摘発のケースになりました。

説明するスタッフの表情もゆがんでしまいますね。

立ち会った男性警官は、「もし犬たちが人の言葉を話したら、まず『ここから出して』と言うでしょう。」と話します。

現場に設置したテントには獣医師が待機し、その場ですぐに検査を受ける犬もいます。

これは、パグの赤ん坊?

私たちが日本の小ぎれいなペットショップで見かけるあの子たちも、もしかしたら似たような、悲惨な場所とつながっているかもしれません。

「ここから出してあげられて嬉しいです。この場所から抜け出して、この子たちの新しい生活が始まります」

この男性スタッフは個人的に、この日に救出された「ビリー」の里親になることを後に決心することになります。(ここで抱いている子とは別の子です)

最後に

このような劣悪な施設の運営者と警察による摘発のいたちごっこのようになってしまっているのかもしれません。これを防ぐには、厳罰化と、ペットの動物販売禁止が必要でしょう。

ペットショップで見かける「かわいい」1匹の子犬の背後で、多数の犬たちが犠牲になって苦しんでいる可能性があります。そのことに思いをはせれば、犬を飼うときには、保護犬という選択肢にたどりつくかもしれませんね。

保護施設では、子犬から老犬、純血種やミックスなど、多種多様な犬たちが、家族を待ち続けているでしょう。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画の制作・配信をしている団体より許可を得て掲載しております。
 動画制作者:Humane Society of the United States
 掲載YouTubeチャンネル:The Humane Society of the United States

この子犬工場から救出されたチワワのビリーのお話はこちら

劣悪な子犬工場から救出されたチワワ。健康状態は最悪、でも気分は最高!
はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。