異様な光景…豪邸の内部はグレートデーンの劣悪な子犬工場だった!

異様な光景…豪邸の内部はグレートデーンの劣悪な子犬工場だった!

ニューハンプシャー州のとある場所に建つ豪邸は、劣悪なグレートデーンの子犬工場になっていました。油絵が壁を飾るガランとした家の中の、あらゆる場所に監禁された犬たちは、糞尿にまみれ、放置されていました。

お気に入り登録

非現実的な光景

強制立ち入り

米国ニューハンプシャー州の豪邸内で、劣悪な環境に放置されたグレートデーン84頭が発見され、警察と協力して、The Humane Society of the United States(米国動物愛護協会)が救出、保護しました。

家の床や壁は糞尿だらけで衛生状態は最悪、常時飲める水はなく、狭いオリに監禁された犬も多数発見されました。

ドアを開けた先には超大型のグレートデーンが、無数のオリに1頭ずつ入れられていました。

犬たちは床一面に広がった糞尿に足を取られ、滑りながら歩いています。

水や食べ物は見当たらず、体にケガがある犬も見られました。

異様な部屋

この施設の異常性を象徴するような部屋。金属の格子の向こうに吹き抜けの高い天井、白い壁には何枚も肖像画や静物画がかかり、隅に調度品のようなものも見え、暖炉や2階へと続く階段もあるようです。

丸テーブルだけが中央に残された、がらんとしたその部屋の床や壁はやはり糞尿に汚染され、何頭ものグレートデーンがうろついていました。

茶色い1頭が人のそばへ寄っていますが、その他は皆、奥の壁際や角にかたまっています。

非現実的な光景です。

この部屋では、汚れ果てたベッドの上にグレートデーンが立ちすくんでいます。

床には糞尿とその他のゴミが散乱していますが、かつて人の生活があったことも見て取れます。

超大型の犬だけに、運搬も非常に労力がかかります。

子犬も発見されました。

この事件のまとめ

グレートデーンの子犬工場を営んでいたブリーダーの裕福な女性は、動物愛護法違反の数多くの罪で有罪となりました。

どのような刑罰になるのか不明ですが、今後、動物に関わらないでもらいたいですね。

その後

保護されたグレートデーンたちは、急きょ設置された施設に収容したそうです。そこで必要な治療などを施します。

HSUSは、この案件と同時に、ニューハンプシャー州における動物虐待の厳罰化などを働きかけています。犬をはじめとする動物たちの虐待をなくすことが、彼らの使命です。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画の制作・配信をしている団体より許可を得て掲載しております。
 動画制作者:Humane Society of the United States
 掲載YouTubeチャンネル:The Humane Society of the United States

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。