大型犬の子犬工場で、汚物にまみれた犬は必死に這って出ようとしていた

大型犬の子犬工場で、汚物にまみれた犬は必死に這って出ようとしていた

冬のアーカンソー州の子犬工場摘発案件で、排泄物にまみれ、洗濯室の床にふせていた犬は、その後どうなったでしょう。救助された多数の犬の中から、この犬のその後を追いました。

お気に入り登録

必死にはって出ようとした

救出

ある冬の日、米国アーカンソー州の崩壊した子犬工場から、動物愛護団体The Humane Society of the United States(米国動物愛護協会)が犬46頭と、その他の動物11頭を救出しました。

仲間たちと共に、白い犬「ダッフィー」も救出されました。

スタッフの女性が踏み込んだ家の中で洗濯室のドアを開けると…

スタッフの鼻と目を直撃する異臭の中、ダッフィーは床に横に伏せていたのです。

異臭の原因は、垂れ流し状態の汚物でした。

下半身は完全に汚物に浸かってヨレヨレの状態。

それでも、スタッフの女性を見たダッフィーの尻尾が、パタパタパタ、と床を打ちました。

女性がしゃがむと、ダッフィーは親しみを込めて、前足を彼女の腕にのせるのです。女性は感極まって、「オーマイゴッド…何てこと…」とつぶやきました。

「できる?」と言う女性。

何ができるって?前進できる?という意味。

ダッフィーの下半身はマヒしていて、前足で懸命に床をはおうとしているのです。

ダッフィーははって移動するのも難しい状態でした。

2人がかりで持ち上げます。

ダッフィーが極限状態でネグレクトに置かれていた家は、外からみると、木造のかわいらしい家です。

家の周りに監禁されていた犬の状態は外から見えますが、家の中でも、ダッフィーを含め犬たちがネグレクトにおちいっていたとは、一見してわかりませんね。

見えないところで虐待されている犬が数多くいるという事実です。

ケア

あの汚染された洗濯室には、水も置いていませんでした。

ダッフィーが生きのびる可能性もあやぶまれましたが…

散歩

これを見てください!

ダッフィーは命をつなぎ、里親さんに迎えられました。
外の空気を吸って、楽しそう。でも、マヒはどうなったのでしょう?
もしや、車いすを作ってもらったのでしょうか?

ダッフィーの姿

動画では、ダッフィーが遊び、里親さんに甘える姿、そして救出した女性との再会の様子が見られます。下半身の様子も合わせて動画で確認してください。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画の制作・配信をしている団体より許可を得て掲載しております。
 動画制作者:The Humane Society of the United States
 掲載YouTubeチャンネル:The Humane Society of the United States

ダッフィーが救出された日

ダッフィーが監禁状態にあった子犬工場に摘発に入ったときの様子はこちら。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。