大型犬の子犬工場を摘発。下半身マヒで汚物まみれのまま監禁も…

大型犬の子犬工場を摘発。下半身マヒで汚物まみれのまま監禁も…

冬のアーカンソー州の子犬工場摘発案件。家の中には、排泄物にまみれた下半身不随の大型犬が、人目につかない狭い空間に放置されていました。

お気に入り登録

鎖につながれ氷をなめていた犬、排泄物まみれで閉じ込められていた犬…

救出

米国アーカンソー州の崩壊した子犬工場から、動物愛護団体The Humane Society of the United States(米国動物愛護協会:HSUS)がレトリーバーなど大型犬を中心とした46頭と、その他の動物11頭を救出しました。

人が金網の前を離れようとすると、この子は焦って、「待って!行かないで!」というように追いかける仕草を見せました。

頼みの綱のように感じたのかもしれません。

鎖につながれたままの犬は、たらいの氷をなめていました。

家の中に入りひとつのドアを開けると、あふれる異臭にスタッフは思わず腕で鼻をおおいます。

洗濯室だったかと思われる狭いスペースの床には、犬が1匹横たわっていました。

下半身は排泄物にまみれています。わざわざここに閉じ込めていたようにも思われます。

しゃがんで犬をなでると、前足をスタッフの腕にかけてきて、汚れ切った尻尾をわずかに振り、静かに喜んでいる様子。

でも何か、変?

この子は、下半身がマヒしていました。

抱き上げて、この汚染された空間から助け出します。

なかなかのサイズです。

その後

動画はここで終わりますが、もちろん犬たちは全頭、救出されました。

大規模な子犬工場の案件に取り組むことが多いHSUSです。

警察との連携から、状況の記録、犬たちの救出、検査、手当て、社会化、里親募集といった込みあったプロセスを、淡々と、確実にこなしていくのです。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画の制作・配信をしている団体より許可を得て掲載しております。
 動画制作者:The Humane Society of the United States
 掲載YouTubeチャンネル:The Humane Society of the United States

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。