高齢犬ならではの、ちょっととぼけたかわいさを再発見できる保護動画!

高齢犬ならではの、ちょっととぼけたかわいさを再発見できる保護動画!

高速道路出口付近で見つかった老犬を保護。鼻や耳の機能も体力も多少衰えているから、無防備にぐっすり眠っているところに忍び足で近づくことができました。

お気に入り登録

老犬はかわいい=定説!

通報・発見

高速道路の出口付近に居ついた老犬の保護依頼を受けた保護団体HOPE FOR PAWS が、足にケガをした「ルドルフ」を発見したとき、ルドルフはぐっすり眠っていました。このチャンスを生かして保護しましょう!

後ろから、ゆっくりと、静かに、忍び寄ります。

保護

ゆっくりとワイヤリードの輪を首の前に持って行くと、ルドルフはふと異変に気付いて頭を持ち上げました。「何だろ、この違和感?」

そこですかさず首回りに輪を通しました。すると…

跳んだ!

ルドルフは力の限り抵抗し、リードを噛み切ろうと口を開けます。

そのうちに、自分の舌を噛んで少し切れてしまったようです。イタタ…。

布リードも首にかかり、もう逃げられません。

天を仰いで「神様、助けてー」…と言ったわけではなくて、まだリードを噛み切ろうと頑張っているところ。

穏やかな性格なのでしょう。

疲れて降参した後は、徐々に落ち着いてきました。

ケージを持ってきて誘導すると、まずまず素直に入ってくれました。

相変わらずリードを噛みながらですが。

「オレも年貢の納め時か…夕日が目に染みるぜ。」…とは、言ってない、言ってない!

落ち着くと、ルドルフは頭をなでる手を受け入れてくれました。

ケア

病院に到着して、ひと息つきます。

これまで路上で頑張って生きてきたんだろうなあ、と、顔や体についた無数の小さな傷跡を見ながら感慨にふける保護スタッフです。

動画では、すっかりリラックスしたルドルフが、最高の表情を見せてくれますよ!

2週間後、協力関係にある一時預かり施設がルドルフを引き取ってくれました。

すでに引き取られていた「ムファサ」と意気投合した様子です。

最後に

老犬はあと何年生きられるかわかりません。里親さんがより若い犬を引き取りたいと思うのは、ある意味、当然です。

でも、老犬特有の愛らしさにハマる人がいるのも確か。

「老犬の里親という選択をしてみませんか?」と、保護団体は訴えます。

残りの年数を、穏やかに、幸せに過ごさせてあげるというミッションは、案外、人の心を満たしてくれるかもしれません。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

ルドルフが出会った高齢犬「ムファサ」の、ちょっと笑える保護の様子はこちら。

野良の老犬を保護!高齢犬に特化した施設で穏やかな時を過ごす

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。