野良の老犬を保護!高齢犬に特化した施設で穏やかな時を過ごす

野良の老犬を保護!高齢犬に特化した施設で穏やかな時を過ごす

保護した老犬に去勢、マイクロチップ埋め込み、ワクチン接種などをほどこした後、老犬に特化した一時預かり施設が受け入れてくれました。老犬の里親になるという選択肢もあるのです。

はてな
Pocket
お気に入り登録

食べ物には素直に反応

通報・発見

水の処理施設に住み着いた犬の保護依頼を受けて、HOPE FOR PAWS が出動しました。

発見したのは年老いた犬。すぐ横に無数に並ぶタンクには、水処理に使う化学薬品がたまっています。万が一にもそこへ落下する事故が起きないように、注意して保護活動に入ります。

保護

食べ物につられて近づいてきてくれました。

落ち着いてはいますが、「これ以上は近づくな」オーラを出しまくる犬。

保護団体のリーダーは、薬品のタンクがつらなる犬の背後からそっと近づき、ワイヤで犬をつかまえました。

年取っているため、耳や鼻も少し弱っているのでしょう。白目をむいたいい表情、いただきました!驚かせて、ゴメン…。

暴れたのは驚いた一瞬だけ、すぐ大人しくなりましたが、まだ不信感をただよわせています。

食べ物を手から受け取りましたが、まだ緊張していて、飲み込めません。

でも、この調子なら大丈夫そうです。「ムファサ」と名付けました。

しばらく食べ物を口からぶら下げている様子が、かわいそうなのですが、ちょっと面白い…。

ケア

車中ではすっかり打ち解け、到着した病院でさっそく体を洗います。

その後、去勢してマイクロチップを埋め込みました。

さらに各種予防接種をし、耳の感染症と体内の寄生虫の治療も行いました。元気そうです。

その後

ムファサは、老犬の一時預かりを行う団体に委託され、他の老犬たちとともに、里親さんを待つことになりました。

動画では、老犬たちがとても穏やかな時間を過ごしているように見えます。ムファサもとてもよい表情です。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。