工場に住み着いた2匹の仲良し犬。従業員たちのおかげでスムーズな保護!

工場に住み着いた2匹の仲良し犬。従業員たちのおかげでスムーズな保護!

リサイクル工場の敷地にやってきて住み着いた2匹の小型犬を保護。1匹は最初から嬉しそうに近づいてくれましたが、もう1匹はそそくさと段ボール小屋に隠れて…。

お気に入り登録

犬の性格はやっぱりそれぞれ違うもの

通報・発見

リサイクル施設に3ヵ月前から住みついた2匹の犬の保護依頼を受けて、ロスアンジェルスの保護団体HOPE FOR PAWS がやってきました。

女性がアニメ声で「おいで!食べるものあるよ。いい子ちゃんねぇ~」と呼びかけると、2匹は喜んで近づいてきました。施設の従業員が親切にしてあげていたために、人をひどく恐れないのでしょう。

とくに1匹は尻尾を振って積極的、もう1匹は少し後ろで様子見です。

接近

積極的な子は、すでに手から直接食べ物を受け取り、頭をなでることもできて、簡単に保護できそう。

そこでまずは少し警戒している子を先に保護することにしました。

従業員たちは段ボール箱で犬小屋を作ってあげていました。犬は少し落ち着いてきたようです。

「どうしようかな」という表情を見せた後、つるん!と小屋に逃げ込みました。

ごめんね、箱を立てて、大人しいこの子に布リードをかけました。

一丁あがり。

その足元には、積極的な方の子が、うろちょろしています。

次は君ね!

はい、君も。

ところでお姉さん、ローライズのジーンズからお尻がはみだしそうですよ!笑

これがかっこいいんだか単に気にしないんだか、欧米諸国ではこういうはき方の人、男女とも多いみたい。アジアやアフリカの国々ではどうかな?日本ではあんまり見ないですよねえ。ドキッとしちゃうかも。

一緒だと心強いね。

世話をしていた従業員たちがお別れに集まりました。親切な人たち、ありがとう!

ケア

病院でキョロキョロと周りを見回す2匹。

積極的な子を「サラミ」、シャイな子を「パストラミ」と名付けました。

アニメ声のこの女性、オスのコンビ犬にいつかその名前を付けたかったんですって。

彼らに健康上の問題は何にもなかったみたいです!予防接種、去勢、マイクロチップの3点セットは言うまでもなくですね。

それから

サラミとパストラミは2匹一緒に、一時預かり施設が引き取ってくれました。

元気一杯跳ね回り、仲間の大きな犬にもおじけずに、おやつ!おやつ!と喜んでいます。

そんな2匹を嬉しそうに撮影するお姉さんは、やっぱりアニメ声なのでした。

動画をご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。