5年間、暴力とネグレクトの飼い主に耐えた犬。ついに解放され幸せ一杯に!

5年間、暴力とネグレクトの飼い主に耐えた犬。ついに解放され幸せ一杯に!

子犬の頃から5年間、鎖につながれ、叩かれ、水や食べ物さえまともに与えられずにやせ細っていった犬。動物愛護団体ができる限り通っては世話を続け、そのかたわらに、ネグレクトの飼い主に、犬の譲渡を説得し続けました。

お気に入り登録

君を愛する人はいると伝え続けた5年間

世話と説得

マーリーは5年物間ずっと、住宅の裏庭で鎖につながれていました。

水も食べ物も、きちんと与えられていませんでした。

あっても、ばさっと大量に置かれ、雨が降ればふやけてしまうドライフード、そして藻で緑色になった水。

飼い主は怒るとマーリーの頭を殴るそうです。

なぜ怒るかって?マーリーが興奮しすぎるからだそう。

子犬の頃のマーリーです。この頃からすでに同じネグレクトと暴力にさらされていました。

動物愛護団体PETAはその頃から定期的に訪問し、食べ物と愛情を与え、飼い主に犬を譲り渡すよう説得を試みてきました。

保護前の栄養失調の状態がよくわかりますね。

保護

その努力が実り、ついに飼い主はマーリーの所有権を手放しました!

なぜもっと早く譲らなかったのか!?

マーリーの幸せへの第一歩です。

そしてなんと、里親さんも見つかりました。

彼は言います。

「最悪だと思ったのは、マーリーが理解できる言葉がひとつだけ、それは『No(だめ)』だったことです。」

その後

里親さんの自宅には、シベリアン・ハスキーの「カイヤ」もいて、マーリーと大の仲良しになりました。鎖でつながれることはなく、遊び、食べ、眠り、幸せな姿を見せてくれます。

その姿こそ、里親さんにとっての喜びなのでしょう。

やせ細っても人を嬉しそうに出迎えたマーリーと、元気一杯、幸せ一杯になったマーリーのビフォー・アフターをご覧ください!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:PETA (People for the Ethical Treatment of Animals) 

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。